新・伊野孝行のブログ

2022.10.5

『いい絵だな』発売!

本日10月5日、集英社より無事『いい絵だな』が発売になりました。(発行は集英社インターナショナル)
南伸坊さんと私による、ゆるくて刺激的な絵画談義です。

装丁は南伸坊さん。帯より上には著者名もタイトルもないデザイン。気持ちいい。

帯をとるとさらにすっきり。カバーに使ってる絵はアルベール・マルケ 。

書店の美術書コーナーには、絵の背景や画家の生い立ちを詳しく語る本がたくさん並んでいます。
美術の教養を得る喜び。絵を見ているだけではわからない事はたくさんあります。
また「絵ってどうやって見ればいいの?」という人には「絵の意味がわかれば面白くなりますよ」というアドバイスも有効でしょう

…でもそれって本当に「絵を見る」ことになるのかな?
いや、何もそういった教養を否定したいわけじゃないんですが、ただ絵を見るだけでわかることってたくさんあるんですよ。
帯の言葉をいただいた山田五郎さん(美術系youtube「オトナの教養講座」で絶大な人気)も、留学してた時、授業よりもヨーロッパ各地の美術館でひたすら絵を見たことが自分の土台になったとおっしゃっています。
僕も伸坊さんも絵を見ることに関しては、真剣に見てきたと思います。美術館の絵だけじゃなく、雑誌のカットも、素人の落書きも、おしなべて真剣に見てきた。
あと僕らは絵を描いてきました。絵を描くことで作られていく回路があるように思います。

世の中では「デッサンは絵の基本」と言われていますよね。僕もそう思っていました。藝大や美大に入るには石膏デッサンの試験があるし、それでふるいにかけるんだからそうなんだろうと。ピカソはキュビスムでめちゃくちゃな絵を描いてるけど、若い頃は神様のようにデッサンが上手いです。
ところが自分で絵を描きはじめると、デッサンが上手く描けることと、ピカソの絵はどう繋がっているのか、自然に疑問を持ちはじめます。抽象画の画面のどこを探してもデッサンなんて見つかりません。それでも「デッサンは絵の基本」なんでしょうか?
本書ではそういう、絵を描いてるうちに思った疑問から入っていきます…
おっと、その前に、絵を見て感激したり、面白い!と思ったとから話は始まるんだ。

この扉の絵は伊野孝行作「高橋由一の肖像画」

第1章は高橋由一から。高橋由一は写実的な表現で本格的に油絵を描いた、日本洋画の始祖ですが、次の世代の画家に比べるとそんなに技術は高くない。
…そこまでだったら教科書的見解です。僕らにとっては、由一の絵は日本絵画史上最高に、写実表現を描く喜びに溢れた絵であります。もう、嬉しさがさ、滲み出てるんですよ、画面から。
絵は描く人の気持ちがそのまま表れます。不思議ですね。まず、そこをちゃんと味わいたい。
高橋由一以前にも、以降にも写実表現を取り入れようとした画家がいます。第1章の高橋由一を起点に、話は江戸時代や近代や海外に転がりますが、みんな「絵を見ることでわかること」のみで繋いで話しています。絵は他の絵に影響を受けるわけなので、絵自体が他の絵の解説にもなっているんです。

『いい絵だな』というタイトルは編集の松政さんが考えてくれました。実はタイトルをつけるのに難航していたのですが、松政さんの口からこのタイトルが出た瞬間、「それだ!」となって、カバーのアイデアもすぐに決まりました。

僕は絵の意味や背景を知ることも面白いと思うけど、まずは言葉から離れて絵を見ることが、何よりも決定的に重要だと思うんです。
絵の意味を知るのはその後でいい。意味は脱衣所で脱いじゃいましょう。裸になって首までお湯に使って「あ〜いい湯だな」ってため息ついて、その後でお湯の成分や効能が書かれたプレートでも読んだらいいじゃありませんか。
そっちの方が、正しいお風呂の入りかた、いや、絵の見方だと思うのです。

この本を出すの長年の夢でもありました。
さかのぼる事12年前。はじめて伸坊さんと時を忘れて夜更まで話し込んだあの日。
本来、本を読んだ後のデザート的存在な「あとがき」ですが、当ブログの読者様にだけ特別に公開します。

この画像はサイズがでかいので読めるはず

集英社インターナショナル『いい絵だな』ページはコチラ!冒頭部分立ち読みできます。

2022.7.25

狂雲集・一休さんの詩の世界

実に9ヶ月ぶりのブログ更新です。
12年間毎週更新してたのに、不定期になったらこの有様。
4年続けていた週2回のジョギングも、パートナーの近所の喫茶店のおじさんが病気になって(今は回復)半年ほどやめている。それに変わって5ヶ月くらい続けているのが毎日のウォーキングです。正直、週に2回のジョギングでは健康診断の数値に何も影響がなかった。聞くところによると毎日8000~10000歩、歩くとかなり数値が改善されるらしい(水道橋博士がyoutubeの雑談で言ってた)。
決めたことを淡々と続けるのは、そんなに嫌いじゃない。
さて、ブログを更新したということは近々イベントがあるということ。ちょっとちょっと聞いてくださいよ。来週から軽井沢で個展がありますのよ。
「狂雲集 一休さんの詩の世界」軽井沢の酢重ギャラリーで7月30日〜8月16日。
また一休さんである。ブログを振り返っても一休一休。どんだけしつこいねん。


首尾貫徹しない態度の持ち主、一休宗純も、漢詩だけはしつこくずっと作り続けていた。千首を超える漢詩は「狂雲集」という詩集にまとめられている。恋に悶える愛欲漢詩、情事をあからさまに綴ったエロ漢詩、禅門禅僧への悪口漢詩、高らかに自分を持ち上げておきながら時々自己嫌悪になる正直漢詩……あと意外にのんびりしたのほほん漢詩も時々あって、それもいいです。

一管の尺八は、悲しみを伝えて、心は堪えがたい、
辺境に吹く胡人の芦笛の調べが偲ばれる。
町中で吹く尺八の音は、何の曲か、
禅門に一緒に尺八の音色を語り合う友はいない。

今度の個展は一休さんの漢詩を絵画化したものがメインです。加えてZENをテーマに作ったもの、合わせて約50点。
東京で展示をやると、ふだん人付き合いも愛想も良い私だから、多くの人が見にきてくれるのだが、軽井沢に友達は少ない。というかギャラリーの人しか知り合いはいない。だからお客さんも少ない。別段個展をやりたいわけじゃないのだが、ギャラリーのTさんが昨年の一休寺のトークショーにまで現れて頼まれた。驚いてつい弾みで「やります」と受けてしまったのだ。人を動かすのも、自分を動かし続けるのも執着心。

私のことをよく知っている人は、また一休かと思うでしょう。私自身がそう思っている…。だが、それは半径の小さい世界の話で、世間はほとんど知らないことなのです。自分もまわりも飽きてきた頃にようやっと世間に届くと言います。
先月、Eテレの「日曜美術館」に出ました。(特集「ユニークな肖像画が語る異色の人物たち」)これもしつこく一休一休やり続けていたからこそではないか。実は未だに、一休さんをテーマに絵を描くことには飽きてはいない。マンネリの中に常に新鮮さを見出すことが、偉大なるマンネリへの道なのである。長い人生はマンネリを抜きには過ごせないのです。

あ、申し遅れましたが、暑中お見合い申し上げます。
この絵は2年前軽井沢に滞在していた頃を思い出して描きました。雲場池の周りを歩いている写真を元にした。酷暑の中、暑い東京を抜け出して軽井沢で過ごせる…それだけでも個展を引き受けた甲斐はあるというもの。東京からは新幹線で1時間(5000円くらいだったかな)で行けます。4回くらい東京と軽井沢を行き来しようと思っていますので、行ってやろうというご友人の方は連絡ください。

2021.10.28

一休フェス

今年からブログを不定期更新にしたら、案の定、全く更新しなくなりました。
かろうじて更新するときは、何か特別なお知らせや、イベントのある時だけになっています。4月以降はほぼ一休さん関連のことばかり。今回もそうです。でも、今回がある意味“ファイナル一休”かもしれません。私の一休を追う旅がたどり着いた場所。

11月1日から28日まで、一休さん終焉の地、酬恩庵一休寺にて「一休宗純没後540年 一休フェス 〜keep on 風狂〜」が開かれます!
高僧の名前にフェスをつけて許されるのは一休さんくらいでしょう。また似合うのも。
誰がつけたんですか、こんなタイトル。
はい、私です。

酬恩庵一休寺の副住職、田邊宗弘さんが、私の4月のHBギャラリーの個展「風狂」を、「ウチのお寺でもやれませんかね」とお声がけしてくださいました。この「ガムテープの一休さん」もついに、本物の一休像と並ぶわけです。感慨深すぎますよ……。

フェスと銘打ったからには、展示以外のイベントもいろいろ。
まず、これが極めて重要なんですが、一休寺には「開山堂」というお堂がありまして、屋根の修復をしないといけないんです。そういうのって国からお金が出たりするんじゃないの?って思うでしょう。開山堂が建てられたのは昔々なんですが、実は一回、大正時代に建て直しているんです。そのため文化財未指定。屋根は檜皮葺で葺き替えると40年くらいは持つけど、いかんせん短命です。

この開山堂の屋根を思い切ってチタンにしようと一休寺は考えています。
実はチタンは金閣寺などでも採用されていて、今回担当される棟梁、木下幹久さんが手掛けています。また木下幹久さんの義父である木下孝一さんは数寄屋大工の名工だった人で、一休寺とも深いご縁のある方です。現代の知恵と技術を伝統に結びつけるプロジェクトなんです。
それでね、よかったら皆さんの暖かいご支援も賜りたいってことで、クラウドファンディングも行います。
リターンとして、特製「一休さん手ぬぐい」他、ここでしか手に入らないいろんなものを用意しております。下記のリンクよりクラファンのページに飛べます。どうぞよろしくお願いします。↓
令和に息づく新たな文化財を創る。酬恩庵一休寺 開山堂修繕にご支援を

あとは、トークイベントあります。
もう、すごいですよ。日本を代表する一級の一休研究者の先生方が三人も出てくださいます。私も客席にまわって聴きたいくらいです。しかも無料という太っ腹。もう満席に近いようですが、当日Instagramで配信もされますので、よかったら聞いてください。

ま、そんなとこだったかな。
あ、とんち菓子「通無道」(つうむどう)というのを開発したんですよ。一休寺×萬々堂さんで。萬々堂さんは奈良の老舗和菓子屋。この「通無道」ていうのは拙著『となりの一休さん』の漫画が元になってるんです。これも副住職のアイデアと実行力のおかげです。
歴史あるお寺が現代とどう結びついて、何をやるのかっていうのは、いろんなお寺が試行錯誤されていると思います。
一休寺は私なんかに声をかけてくれるんだから、ヘンですね。大丈夫かなぁ。
ぜひ、この秋は紅葉の名所、日本禅の重要地、酬恩庵一休寺にいらしてください。


2021.7.6

「今野書店」日記

6月◯日
今日から週2回のペースで今野書店のレジ横に座ることにした。誰も来なくて心が折れたら帰ろう。
前回のフェアをやっていた柏書房の竹田純さんは週4~5のペースで座っていたという。「座ってると売れるんですよ」その言葉をぼくも信じて…。
「ガムテープの一休さん」を不思議そうに眺める若者がいたので思いきって話しかけてみる。この春、一年生になったばかりの学生さん(医学部)。地方から出てきて西荻に住んでいる。彼はぼくのことは知らなかったが「一休さんがどれくらい自由な人かっていうと、自分のチンポで米をついたくらい自由なんだよ」「じゃあ買ってみます」とお買い上げ。嬉しい。次に来たのは「Twitterの告知を見て」と駆けつけてくれた赤いTシャツの男性。駆けつけてくれたと勝手に思っているのは男性が汗を大量にかいていたから。美しい汗だ。
仕事帰りのお客さんで賑わってきました。レジ横にいる私を不思議そうに眺めたり…心は折れてません。むしろ楽しいです。

6月◯日
「今野書店なう」来店すると同時にツイートする。ツイートには寂しげに座っている写真をつける。「泣き落とし」効果を期待してのことだ。このツイートを見てパンを差し入れに持ってきてくれたお客さんがいた。「心折れてませんか?頑張ってください」と励まされた。泣き落とし作戦が効きすぎたか。すみません。でもいい気になっていると、パタリと誰も来なくなる。
ぼくの選書「一休的…あまりに一休的な…10冊‼︎」の仏教関係の本を手に取って見ているお客さんがいた。話してみると、なんとこのあと「禅問答」に行くと言う。西荻で禅問答をやってるところがあるとか!禅問答ってお坊さんしか体験出来ないものかと思っていた。さすが風狂タウン!
面白くてつい閉店までいてしまった。次回は土曜日の16時からいます。ザイチィエン!

6月◯日
今野書店で久生十蘭を3冊買う。アウトレットの棚にあった本なので半額くらいになっててお得。もう10年以上前か、最初『従軍日記』を読んで、あとで小説を読んだらめちゃおもしろくてマイッタ。当時久生十蘭の小説はほとんど本屋さんになかったような記憶。その後何冊も出たようだけど、こっちが忘れてた。それを思い出して買った。
そういえば今日は中里介山『大菩薩峠』で検索していて、なぜかぼくを知って、来て下った女性がいた。本はどこかで誰かをつないでいる。

6月◯日
普通サイン会は講演会やトークショーの後にやる。ぼくがやっているのは、ひたすら来る人を待つ蟻地獄タイプのサイン会だ。
「恥ずかしくないですか?」と親しみをこめて、今野書店のレジ横にただ座ってる私に問うたお客さんがいた。「恥ずかしいっすよ、そりゃ」と答えたが、実はそんなに恥ずかしくない。
今野書店以外なら恥ずかしい。今野書店だと恥ずかしくない。なんだろう…この見守られている放し飼い感。

6月◯日
朝乃山、六場所出場停止って、そりゃないよ!野球賭博の時より重くない?
1年間本場所がなく稽古だけって、自分だったら堪えられるかな。モチベーション保てるかな。まわりのみんなはどう接すればいいの?あんまりだよ。ひどすぎるよ。他の社会じゃ許される事も相撲界は許されない。今まで逆だったじゃん。他の社会ではアウトなこともお相撲さんだからいいじゃんて。頭に髷をのっけてんだから。あそこだけは江戸時代じゃなかったのか。…こんな世の中、苦しいよ。昨日の朝乃山の処分を聞き、やはり我々の生きる世界は「あるべき正しさ」というマイルドな地獄に向かって進んでいることを確信した。
風狂僧一休宗純は今の世には生息できない。せめて自分の中の一休的要素を養い、こんな世の中でも楽しく乗り切ろう!
というわけで本日のリクエストサイン。
「キャバクラの一休さん〜朝乃山に捧ぐ〜」
朝乃山は別にそんなに悪いことしたわけじゃない。どこまでいじめりゃ気がすむのよ。世の中の方がよっぽどクレイジーだよ!

6月◯日
ついに今野書店今週のベストセラー第1位!になる(単行本部門)。
さっき「大徳寺真珠庵襖絵」仲間の山賀博之さん(元祖ガイナックス社長)が散歩のついでに寄ってくれ、「井の頭煎餅」を差し入れてくださった。
暇でレジの横に座って読書してる状態が続いている…。
毎回4時間くらい座っているが、思いの外、あっという間に時間が過ぎる。座っている日は平均して、5、6冊売れる。つまり5、6人の人が会いにきてくれる。今日来てくれたお客さんの中で、ぼくのよく聞いているラジオ番組のディレクターという方がいた。まさか「一休さん」特集?ま、期待せずに、期待せずに…。

6月◯日
数えで50歳なんだけど、50歳になったらやりたかったことがあった。それは眼鏡(ド近眼&乱視)のレンズに色を入れること。殿山泰司、野坂昭如、山城新伍、山根貞男、長沢節…眼鏡に色を入れるのは男の成人式なのである。さっき白山眼鏡に取りに行ってきた。さあ、今日も誰か来てくれるだろうか。
わざわざ会いに来てくれるお客さんとの出会いは例外なく面白い。個展の時とは違う。なぜだろう。やっぱりここが本屋さんだからかな。
ぼくのお客さんがいない時だって、お店の様子を眺めているだけで楽しい。仕事柄、書店は近しい存在だけど、書店員さんの仕事ひとつとっても知らないことが多い。古書店で店の個性を作るのと違い、新刊書店で店の個性を作るにはいくつもの工夫がいると思う。
今野書店のレジ横に座っていると「出版不況ってどこの国の話?」と思えるほど活気に溢れている。何冊も本を抱えたお客さんがレジに並んでいる。タイトルも著者名もうろ覚えのお客さんと、わずかなキーワードから書籍を探していく書店員さん。万引き犯の大捕物。
「ドキュメント72時間at今野書店」を体感している。レジ横に座っているぼくも「面白い本屋さん」の工夫のひとつだと考えれば、なんだか誇らしい。

6月◯日
「表現の不自由展」より「ネトウヨの反日展」と「パヨクの日本スゴイ展」の同時開催を見てみたい。逆説的表現が出来なければ表現者とは言えん…などとぼんやり思いながら今日もレジ横に座っている。今野書店なう。
ヒマなので、清水克行先生用の軍旗を工作している。「ヤァヤァ遠からん者は音にも聞け、近くば寄って目にも見よ!」だ。ウム、清水さんのコーナーいい感じに仕上がった。
来る26日は『室町は今日もハードボイルド 日本中世のアナーキーな世界』(ぼくはカバーや挿絵を描いている)を出されたばかりの清水克行先生がわたしのとなりに座ってWサイン会をしてくれる。「となりの一休さんスピンフオフ企画」である。
某テレビ局のディレクターさん(西荻在住で今野書店の常連さんらしい)から取材の申し込みあり。


6月◯日
知性、容貌、人間性、読者数、筆力、人気、他すべての点で自分より優れた清水克行先生だが、唯一同い年という点で並ぶことができる。今日は清水さんがぼくのとなりに座って二人でサイン会をする日。ゼミの生徒さんが立て続けに来る。地元の同級生が立て続けにくる。清水さんのファンが立て続けにくる。清水さんがサイン会をしていると知らずにお店に入ってきて、驚いているゼミのOGがいた。盛況だ。


6月◯日
今週のベストセラー第1位は矢部太郎『ぼくのお父さん』2位『となりの一休さん』3位『室町は今日もハードボイルド』。3週連続1位ならず。『ぼくのお父さん』に一気に抜かれる。猛烈に追い上げる室町!

6月◯日
開店の1時間30分前に今野書店に集合。某テレビ局の取材。本を紹介するミニコーナーで、3分くらい?の出番らしい。撮影中、今野書店のみなさんが音を立てないように仕事をしてくれる。すみません。そ〜っと本を袋から出したりしている様子を見ていると、音を出したら負けのゲームをやっているようでおかしいやら申し訳ないやら。
さて、今日でフェアもほぼほぼ終わりだ。
『10代のための読書地図』(本の雑誌編集部 編)を買って帰る。この本の中でも、『となりの一休さん』が紹介されています。紹介者は花本さん。そう今野書店のフェアを企画してくれた花本さん。はい、当分の間感謝し続けます。
「大岩食堂」にて一人おつかれさま会をする。


6月◯日
搬出に行く。「となりの一休さん」フェア撤収〜。 
今野書店に礼!
お客さまに礼!
ありがっとございましたっ!
サイズ間違えたデカいベニヤ板の壁は次回以降のフェアでも使ってくださるということで、寄贈させてもらいました。
レガシーを残して私は西荻を後にした。