新・伊野孝行のブログ

2020.10.27

つなげ!アヒルのバトン

6年生になった航平のクラスにある日、アヒルがやってきた。
いや、アヒルじゃないよ、人間だよ。
航平の担任が産休に入り、代わりにやって来た先生の苗字が阿比留(アヒル)だったんだ。
みんな「アヒル先生」と呼んでいる。だって苗字が阿比留なんだから当然と言えば、当然なんだけど、ただ、先生は毎日アヒル柄の色違いのネクタイをして学校に来るんだ。やっぱり阿比留じゃなくてアヒルだよ。



航平にはいつもつるんでいる友達がいるんだけど、そこに谷が仲間に加わる。
谷の家は自転車屋さんなんだ。
谷はおとなしい子なんだよね。
まるで小学校の時の伊野少年のように。


伊野少年は小学5年になるまでは、とてもおとなしい子だったんだけど、なぜか5年生になったら今に通じる性格が現れたのね。
ま、ボクの話は関係ないからいいんだけどさ。
そうそう、この本は6月に出たのに、ブログで紹介するのがすごく遅くなちゃったんだ。ゴメンなさい。
読書感想文の指定図書に選ばれないかなぁ。
選ばれると、たーくさんたーくさん印刷されて、すーごく嬉しいんだ。
50歳手前の伊野少年はそんなことを考えてる。



そんなことは忘れよう。欲をかくとろくなことないからね。
みんなリレー競技を一生懸命頑張ったことある?夢中になって応援したことある?
航平たちは一輪車でリレー競技に出るんだ。みんな最初は一輪車に乗れないけど、だんだんと上手くなっていく。おとなしい谷は最初から一輪車がすごく上手い。
そしてアヒル先生も実は一輪車と深い関わりのある人だったんだ。
航平たちは一輪車を通して、多くのことを学んだと思う。いろいろあるんだよね、人生って。



伊野少年も小学校の時に一輪車を買ってもらったんだけど(おねだりしたわけではなくて、珍しく親の方から買い与えられた気がする)結局、ボクも妹も、お父さんもお母さんも誰も一輪車を乗りこなすことができずに、物置でほこりをかぶっていたよ。そしていつの間にかなくなっていた。
だから、航平たちのがんばりを見て、正直すごいなぁと思ったよ。
ボクにもこんな友達がいたら乗れるようになったかなぁ。
一輪車を通して何にも成長できなかったもんな。


だからこの本を読んで、ボクの経験できなかった世界にもう一度チャレンジしてる気になったよ。
勝利に向かって努力するだけの本ではないんだ。
じんわり気持ちがあたたかくなる本なんだ。
これ以上書くとネタバレになるからやめとくよ。
麦野圭・作、伊野孝行・絵、『つなげ!アヒルのバトン』は文研出版から発売中です!

2020.10.20

数値にあらわれない

DHCの「みんな、げんき?」という雑誌のダイエット特集、「燃えよ!! ダイエッター」にブルース・リーに似たような人を描きました。
燃えよ、脂肪!!というわけです。今、「脂肪遊戯」というダジャレを思いつきましたが、それは関係ないですね。

みなさん、ダイエットはしてますか?
老化というのは、毛が薄くなったり、シミができることかと思ってたんですが、太ると老けたなと思いますね。
老ける=太る、です。
私も一時は63キロまで増えた体重を3キロ落として、見た目も3歳若返りました。
3キロ減らすとむくんだようなほっぺたの肉が落ちました。毎日、計測しています。最近は59キロ台をキープオン。

今年のはじめ、健康診断(人間ドック的な)に行った時、偶然同業者のMさん(男性、52歳)に会いました。
Mさんは私みたいに意地汚い酒の飲み方はしないし、生活に荒れたところはありません。そのせいか、意外にも健康診断は10年ぶりだと言ってました。ところがMさん、血圧が思いのほか高かった。イヒヒ。他の数値は後日でないと判明しませんが、どうだったでしょうか。

私も年齢の割には血圧が高い。でも、血圧が高くても自覚症状はありません。内臓や血液の数値が悪くても、自覚症状はなかなか出ない。
そういうわけで、健康の話題になる時、今のとことろ、主に数値を話題にしています。
いきすぎた検診こそ害毒だと主張するお医者さんもいます。薬漬けや不必要な手術を招く。例えば血圧の基準値を下げれば、その分降圧剤が売れるとかね。

ネットのアクセス数やいいねの数も、数値です。ネットでは反応いいのに仕事がない人や、逆にネットで人気はなくても仕事が途切れず来る人もいる。
やはり数値化できるのはごく一部のことだけで、生活全般や人間関係の大部分は数値化できません。
健康管理に漢方的アプローチもあるように、ネットや仕事や人間関係にも漢方的な注意を払ったほうがいいかもしれません。
ネットに漢方的アプローチ?どうやって?

全然わかりません。
なぜなら今週は何も考えがまとまらないままブログを書いているからです。
書くことがないのに、無理にブログを更新しようとしてるので、これ以上話は展開しません。

私にとって毎週のブログ更新は漢方のようなもの、とでもしておきましょうか。
ブログを書くことで、気を養い、流れをよくし、乱れたものが整っている……のかな?
わかりませんが、ゆっくりゆっくり何かが効いてくると思い込むようにしています。

唐突ですが、ブログで紹介するのを忘れていた仕事をひとつ。
発売は6月頃だったかもしれません。田中啓文さんの『臆病同心 もののけ退治』(ポプラ文庫)です。


 

それではみなさんさようなら。

2020.10.13

8時だよ! 猥褻の誕生

2号前の「芸術新潮」は「猥褻とは何か」という特集だった。
猥褻のはじまりは明治時代。
猥褻という漢語はもとからあったが、江戸時代には、色情、好色、淫風、淫蕩、淫ら、などの言葉がもっぱら使われていた。
「猥褻」は明治初期に新鮮な響きを持って使われ出した。
単に言葉を言いかえただけでなく、意味する中味も少し変わったようだ。
刑法で取り締まる対象になるから、何が猥褻かを決めなくてはならない。フランスから来たお雇い外国人ボアソナード先生と鶴田皓(あきら)、箕作麟祥(みつくり りんしょう) の3人が決めた。

マンガにも描いたけど、幕末や明治の初頭に日本を訪れた外国人の見聞録などを読むと、道を歩く人々の中に半裸状態の者が多数いて驚いている。
彼らは猥褻な存在なのか。
「猥褻」の導入は、もともと平気で半裸でいた日本人の身体を隠してしまい、かえってヤラシイ範囲は広がった。
芸術新潮で、辛酸なめ子さんは「最近はみんなマスクをしてるから、人間の口がだんだん猥褻なものに思えてくるんじゃないかと心配になります」と面白いことをおっしゃっている。
確かにマスクをずっと外さない人といると脱がしてやりたくなってくるかもしれない。

夏に軽井沢に3週間滞在していた時、ギャラリーの隣のお店の店員さんで毎日のように会う人がいた。挨拶もするし、世間話もする。でも、コロナ禍エチケットして、マスクをつけておられるので、ずっと顔の半分がわからないままだった。どんな顔なのか気になって仕方がない。
個展の会期も終わりに近づいた時、みんなで焼肉を食べに行った。くだんの店員さんもいた。その時はじめて顔全体を拝見した。ご開帳である。踊り子さんが最後の一枚を脱ぎ捨てた身体を凝視するように、見てしまったかもしれない。
店員さんはマスクをしてても、外しても、とても素敵な女性だったのだが、頭の中で想像していた顔とは少し違った。
私の想像の中で作り上げられていた顔は誰だったのだろう。

私のように妙な想像をする者もいるから、初対面でも頃合いを見て、マスクをアゴにかけるなりして顔全体をさらしておくのが良いと思う。私も頃合いを見て、帽子を脱いでハゲてますとインフォメーションしておかないといけない。
それともずっと被りっぱなしの方が、頭部が猥褻に思えてくるだろうか。

【お知らせ】
8時だよ!通販生活

毎朝8時に出題される脳トレ問題、WEB「今日の益軒さんドリル」の絵を描きました。
昨日より公開!
やってみてね!

WEB「今日の益軒さんドリル」はこちら!