新・伊野孝行のブログ

2020.11.24

半芸術の志村神社

現代美術とは現代に生きる人が作った作品全てなんでものことなのですが、普通はなかなかそう言いません。「現代美術」というジャンルのことを指す場合が多いですね。
ただいま、3331Arts Chiyodaで開催中の「WAVE2020」に出品しております。この展覧会は特にジャンルもテーマもない展示で、言わば、現代に生きる人が作った作品という意味での現代美術なのかもしれません。

ワタクシなんぞはイラストレーターでげすから、何でもいいから作品出してくださいと頼まれると、逆に困ってしまいまして、さてどうしたものでしょうか。
展覧会自体にテーマがないということは鑑賞者に文脈をいっさい掴ませないということなのです。作る方は展覧会のテーマという文脈に自分のテーマを乗っけられないので、それぞれが一人相撲を取らないといけません。

一方「現代美術」というジャンルは、文脈というものをとても重要視するようです。美術史の文脈を踏まえた上で新たに何か付け加える。さらに今現在のNOWな問題を取り入れたり先取りしたりする。
自分のやってることにいかに説得力を持たせるかも腕のうちなので、現代美術家はプレゼン能力が非常に高い人が多い。
ワタクシなんぞはイラストレーターでげすから、そういう能力はあまり必要ない。絵の仕事に対して漠然と憧れを持っていたときから、現代美術作家ってどうやってなるのかサッパリ見当がつかなかったです。マンガ家はストーリーも作らなきゃいけないし、仕事自体が過酷。その点、イラストレーターは落書きの延長でなれると思ったのです。事実、落書きの延長でなれました。

「反芸術」という言葉の意味を、引用すると負けた気になるWikiからひっぱってきますと〈反芸術は芸術作品に対する定義で、伝統的な展覧会の文脈の中で展示されながら、真剣な芸術をあざ笑うかのような内容を持つ作品、また芸術というものの本質を問い直し変質させてしまうような作品のこと。さらに既存の芸術という枠組みを逸脱するような芸術思想や芸術運動のこと。〉だそうです。

今回の「WAVE2020」の一人相撲のテーマはコレにしましょう。いや「反芸術」なんてそんなツッパったこと出来やしない。せめて半分くらいは芸術という意味で「半芸術」でどうでしょう。(とうじ魔とうじさんの『半芸術』という本を昔読んだので、まぁ………パクリです)

日本という国は、古くから死んだら神様になる珍しい国です。菅原道真の怨霊を鎮めるため、東郷平八郎を顕彰するため、お国のために戦った英霊たちを祀るため。明治になって神道は国家神道になり、歪んだ形になりました。多大な犠牲を払って大日本帝国は崩壊。その反省からか戦後は死んでも神様にならなくなりました。
それはそれでなんとなくもったいない。前にも書きましたが、古今亭志ん生神社はあってもいいなと思います。笑いの神と貧乏神が一緒にいる神社。将来的に長嶋茂雄神社もありだと思います。

今年、もし今が戦前だったら確実にこの人は神になって神社ができただろうなと思うケースがありました。
それは志村けんさんです。コロナ禍の悲劇を国民と共有した喜劇王。未だ惜しむ声はやみません。やや持ち上げ方が過剰なんじゃない?とも思えるのですが、持ち上げすぎじゃなければ神になりません。
志村神社の作品化は、特殊な文脈を持つ日本という国と、現在起こっている出来事とを、つなぐことが出来るのではないでしょうか。
現代美術は造形物が必要ですが、神社を建てるのはめんどくさすぎます。もっと簡単なもの。絵馬でどうでしょうか。

長々と下手なプレゼンを述べてまいりましたが、そんなこと汲み取ってもらえなくても、笑って見ていただければ本望でございます。「WAVE2020」展は29日まで開催してます。

以下「アイーン」への道。

えっと、右手をこうして、っと。

せいの、アイーン!「ダメダメ全然アゴ出てないよ」by撮影者

アイーン!こう?「え〜、もっと出ないの?」by撮影者

俺ってどっちかというとややしゃくれ気味なんだけどなぁ、アイーン!

「横から撮ったらアゴ出るんじゃない?」by撮影者

はじめて「アイーン」をやってみたが、確かにあとで写真を見ると全然「アイーン」になってない。撮影者に言われてあごも精一杯出したつもりだが、その指示にも間違いがあった。アゴを出すと同時に口角を上げなければいけなかったのだ。アイーンへの道は遠い。

2020.11.17

婦人倶楽部とWAVE

婦人倶楽部の新曲「君にやわらぎ」のジャケット描きました。

背景の奥でパッカリ割れているのが佐渡金山、「道遊の割戸」。大げさに描いたのではなく実際にこんな感じだ。ぜひ画像検索でもしてください。

もう何年くらい前のことだろう、そんな前でもないか。
友達のイラストレーター犬ん子さんがLINEスタンプを作っていて、とても使い勝手が良く、なおかつシャレていた。
「これ、自分のオリジナル?」と聞けば「佐渡の婦人倶楽部っていうバンド(アイドルグループって言ったかな?)のLINEスタンプなの」と答えてくれた。
その時、はじめて佐渡には婦人倶楽部というバンド(アイドルグループなのか?)が存在することを知ったのである。スタンプの中には「あっというまにおばさんよ」というのがあるので、おばさん達なのかもしれない。

佐渡ヶ島に暮らす主婦たちが巻き起こすポップアート「婦人倶楽部」。婦人たちのつぶやきを暮らしにお役立てください。(スタンプ制作:青空亭)

婦人倶楽部のLINEスタンプはここから買える。

YOUTUBEをあたってみると、めちゃくちゃクオリティーの高いミュージックビデオがいくつか上がっていた。
婦人たちの顔は手拭いで覆われているのでわからないが、それほどおばさんではないようだ。むしろ若い。ぼくからすれば女子大生くらいの感覚だ。それでも、あっというまにおばさんなのだろうけど。

Twitterに婦人倶楽部のアカウントがある。宣伝の時は「回覧板まわしてね」という決まり文句をつけているのに、唸った。「拡散希望」とか「リツイートお願いします」なんて野暮な言葉は使わないのが、主婦のひと工夫だ。
婦人倶楽部は音楽以外の衣装、振付、撮影、小物……顔出しNGも含めて、世界観がカンペキに構築されている。「回覧板まわしてね」にもそれを感じた。年齢を聞かれた時に10万23歳と答えたデビューしたてのデーモン小暮を思い出した。婦人倶楽部も要所要所にひと工夫あって楽しい。この丁寧な主婦たちのものづくりは「暮らしの手帖」に取材されるべきである。

昭和初期までは金銀の原鉱を処理していた施設跡地。スゲー!写真は佐渡島の魅力を切り取るカメラ女子、sakiさんの撮影。

そんな婦人倶楽部から新曲のジャケット依頼が来たから緊張した。
「江戸時代の佐渡の金山にタイムスリップした婦人たちを浮世絵風に」という依頼内容は確かにぼくのレパートリーで受けることができるが、一聴すればわかるように、婦人倶楽部の楽曲はとてもおしゃれなのである。
投げ込めるストライクゾーンは狭い気がした。コントロールに注意せねば。キャッチャーが構えるミットのど真ん中に放りこめた時、イラストレーター稼業の充実感も得られるのである。

キャッチャー役はプロデューサーのムッシュレモン氏と婦人A(婦人倶楽部はイベント担当の婦人A、ヴォーカル担当の婦人B、パフォーマンス担当の婦人C、演奏担当の婦人D、さらに最近もう一人加わって5名になったそうだ)だった。婦人Aは実はぼくとは昔ちょとした関係があったことが今回判明した。縁は異なもの味なもの、先立つものは佐渡の土、なんのこっちゃである。
仕事のやり取りをしている時にも、「すみません、稲刈り作業でお返事が遅れました」とかメールが返ってくる。婦人たちは本当に佐渡に根差して生きているようだ。
しかし依然として正体はヴェールいや手拭いに包まれたまま。
いつか佐渡に渡ってトキとともにこっそり生態を確認したいリストに入れた。

こちらのいずれかの配信で聴けるようです。


ムッシュレモン氏による「君にやわらぎ」の解説です。

おまけにもう一つ回覧板まわすわ。
11月21日〜29日。3331Arts Chiyoda(元学校だったところね)にて開催される「WAVE2020」に出品します。
今まで一度も波に乗ったことがないイラストレーターだけど参加してもいいのかしらネ。
絵はもう描けました。今日は搬入に行って来ます。
今回は特大絵馬に絵を描くことにした。今回は私の考える現代美術をお見せすることになるだろう。

こういう形で売ってるわけでなくて、木材から切り出した

WAVE2020のDM。

WAVE2020の詳しい情報はこちらからどうぞ!

2020.11.10

笑ってなんぼじゃ!似顔絵編

2017年〜2018年、日本農業新聞で連載していた島田洋七さんの自伝エッセイ『笑ってなんぼじゃ!』が終わった後(徳間書店より文庫化されています)、ひきつづき週一で『笑ってなんぼじゃ!世相編』と題するエッセイがはじまった。最近の出来事を取り上げて洋七さんの見解を述べるというもの。

島田洋七さんの自伝エッセイ『笑ってなんぼじゃ!』、挿絵のダイジェストはこちらご覧いただけます。

ずいぶん前から始まっていたのだけど(もう80回以上続いている)、このブログで紹介するのは今回がはじめて。
今週はまた「ブログをサボりたい症候群」になっていて、昨日の夜中まで、ほんま、サボったろうと決めていたのだが、いざとなると休むのもなんか気持ちが悪く、無理してやっています。
絵をチョイスしたり、画像を整えたり、もう一度エッセイを読んだりするのが、億劫。
それで似顔絵の回だけ選んで載せておくことにしました。
エッセイがどんな内容だったか忘れてしまったので、絵だけ。
やる気がない〜めんどくさい〜と公言しながらやれるのも自分のブログならではのこと。仕事だとこうはいきません。

イチローは非凡な男ですが、似顔絵の出来栄えは並。

たけし。ちょっと惜しいな。

王監督。似てるとは思うけど、これも並。

洋七さん。何度も描いているから、写真を見ないで描くことも多い(そっちの方が似る場合もある)。でも、平均していつもあんまり似ない(笑)。これはわりと似たかも。

これは誰かというと現役時代の琴風。今の尾車親方ですね。現役時代の琴風を知っている人がどれくらいいるかわからないけど、まあまあ似たかな。

洋七さんの弟弟子にあたる島田紳助。これもまあまあ似とんのちゃう?

志村けんが似なかった。コロナでお亡くなりになった時に描いた。追悼の気持ちを込めて描いたのだが、それで似るとは限らない。

藤井聡太の似顔絵はかなり気に入っている。かわいい。

安倍元首相。マスクで半分顔が隠れている似顔絵を描いたのははじめてかもしれない。顔が半分隠れると似ませんね。

はい、おしまい。