新・伊野孝行のブログ

タグ:似顔絵

2020.7.7

にがおえ東京恋物語

似顔絵の苦労は絵の苦労とは本質的に別のところにある。
しかし、似ている似ていない問題は絵よりも前面に出てきちゃう。
時間をおいて自作を見つめ直すことは、何事にも必要なことだが、似ていると思って筆をおいたはずなのに、時間を置いて見ると全然似ていなかったりする。漢字をじっと見ているとゲシュタルト崩壊が起きるように、似顔絵も細部に渡って検討、点検している間に、全体が発する顔のイメージを捉えきれなくなっている。
自分の錯覚を自覚する。修正を加えた似顔絵の判断もまた錯覚の中にあるかもしれない。
似顔絵の修正作業に絵を描く喜びは見つけられない。

『BRUTUS』から恋愛ドラマの登場人物の似顔絵を頼まれた。
似顔絵の中で最も難易度が高いのが、若い美男美女であることは言うまでもない。
美男美女の整った顔のバランスは、みんな同じだ。
どうして人の脳は整ったバランスの顔に美を感じるようになっているのだろう。
そして時間をかけて人の顔を作っていくのも脳である。知性や人生経験を加えた顔は、たとえ出発の時点でハンデがあっても、唯一無二の美を作り出す。造形物としての美と言っていい。我々の脳はそこにもまた美を感じるように出来ている。

生まれついて与えられた美のおかげで、または美のせいで、人生の軌跡は大きく振れる。幼少時からモテる人は、モテること自体が災いであると告白するかもしれない。
ここに描いた美男美女の俳優たちは、麗しい顔に生まれたことを幸いと思っているだろうか、災いと思っているだろうか。
そんなことはだいぶ時間が経った後に本人に聞かないとわからな〜い。
少なくとも私には地獄である。
若い美男美女の似顔絵をたくさん描くのは災いなのだ。

『東京ラブストーリー』
この頃の鈴木保奈美を画像検索して、そのかわいさに撃ち抜かれた。知性や人生経験を加えなくても生のままの造形で心を射抜けるのは猫のようだ。1991年のドラマだというが、ほとんど見ていない。私が20歳の時だ。でも、なんとなくの人間関係と名セリフは知っている。ネット上には解像度の高い画像がなかった。似顔絵というのは特徴を強調して似させる手もあるが、やりすぎるとアゴ女と鼻の穴デカ夫になってしまう。

『問題のあるレストラン』
真木よう子はすんなり描けたが、東出昌大が最初死ぬほど似なかった。発狂しそうになった。原画(水彩)をパソコンに取り込んだ後、ネット上にある写真を真横に置いて、フォトショップのブラシで加筆した。なんとか東出くんになったか???ここで時間を割きすぎるわけにはいかない。まだたくさん描かねばならんのだ。このドラマも未見。

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』
高良健吾は美男だが特徴のある顔をしている。有村架純が難しい。顔の各パーツは優品だが特徴があるわけではない。結果、やっぱり似ていない。掲載サイズも大きくないし、ま、この辺で勘弁してくださいませ。担当編集者のSさんは有村架純が好きだという。こういう一言が、有村架純は似させなければ!とプレッシャーになる。似なくてゴメン。このドラマも未見。

『逃げるは恥だが役に立つ』
有村架純以上に、新垣結衣の顔にはクセがない。星野源は横顔で星野源とわからせなければいけない。また全身描くので顔を細かく描いても仕方がない。なんとなくの雰囲気で説得させるしかない。あなたは説得されましたか?このドラマも未見。

『獣になれない私たち』
またもや難敵、新垣結衣である。松田龍平は易し。しかし、かなり解像度の高い画像があったので、トレースすることができた。前回のブログで、顔変換アプリで自分の顔を女性化したが、顔の要素はほとんど同じなのに、私は完全にかわゆい女性になっていた。このことからも単にトレースをすれば似るというわけではないことをご理解いただけると思う。とは言っても、トレースできるとかなり楽である。このドラマも未見。

『恋はつづくよどこまでも』
佐藤健と上白石萌音。これまた解像度の低い資料しかない。東出昌大と同じく、原画をパソコンに取り込んだ後、写真を真横に配置して、フォトショップのブラシで加筆。まあまあ佐藤健は合格点かな。このドラマも未見。

『東京ラブストーリー2020』
話題のリバイバルドラマ。鈴木保奈美が石橋静河で、織田裕二が伊藤健太郎である。石橋静河は石橋凌の娘さん。朝ドラ『半分、青い。』では佐藤健の奥さんを演じていた。暗くて性格の悪い役だった。伊藤健太郎も朝ドラ『スカーレット』で白血病で若死にする息子をやっていた。朝ドラ率高し。解像度の高い画像があったので、そのままトレース。失敗もなくうまくいった。もちろんドラマは未見だ。

結果として言えるのは、解像度の高い写真があれば似させやすい。でも絵の面白さとは関係ない。写真を使わず描いた方が絵の領域が広いのである。絵と写真がせめぎあい波立つ場所に、似顔絵道を探るのだ。あと、どのドラマも見てなかった。イラストレーターとしてどうなんだ。

アーティストにはなれないかもしれないがイラストレーターならなれそうだ。自分もそう思って始めた。しかしイラストレーターも甘くはない。似顔絵を描いて終わりじゃない。背景も題字も描かねばならん。こんなことならアーティストになるんだった。
私に若い美男美女の似顔絵は頼むんじゃないぞ、絶対だからな。絶対頼むなよ〜。
わーはっはははは!さらばじゃ!

2020.6.23

夏のリモートワーク計画

今までノートパソコンを持っていなくて、デスクトップのiMac一台でやってきた。
iMacの調子が悪くなると、ものすごい不安に襲われる。そして家以外では仕事ができない。他の友達はどうしているのかと聞いてみたら、みんなMacBookProだとかMacBookAirだとかを別に持っていて、しかもiPadProまで持っているという。
みんなどんだけ、Appleに金を払っているんだ。
僕が生涯で一番金を払うのは酒造メーカーだと決まっている。すでにいくら払ってきたことか。
今、ここでApple製品を買ったところで、その順位は変わらないだろうから、iPadProを買おうと思った。(どんな理由や!)

8月に軽井沢でちょっとした個展があるので、向こうでしばらく避暑をしたい。そのために購入したっていうのもある。もう、6月も終わり。絵をどんどん描かなければいけないのに、iPadをいじってばかり…。使い方をマスターしておかねばいけないし。
今朝も6時くらいに目が覚めて、枕元のiPadを開いてみた。Procreateというお絵かきアプリをダウンロードし、寝床の中で描いてみる。
西洋人の開発したアプリだからか、油絵のブラシが、本物ぽくていい感じだ。Procreateに限らず、他のお絵かきアプリも、毛筆(いわゆる書道とか日本画とかに使うような)がいまいちだ。自分の手で描くニュアンスの50分の1くらいしか描き表せない。

「光る頭の自画像」
iPadだけで描いた最初の一枚。別に自分のことが好きで描いたわけじゃないよ。絵を描く時には、描く前に何を描くかイメージしなければいけない。それが一番大切であるし、面白いし、めんどくさくもあるわけだ。寝ぼけてて何も考えたくなかったから自画像にしておいただけ。
光ってる部分はエフェクト効果。制作時間は10分くらい?最後まで寝床で仕上げた。布団を汚さないので寝たきり老人にもおすすめだろう。

朝食後、今度は今流行りのFaceAppというので遊んで、女性や老人になってみる。iPhoneでやってるので、もはやiPadは関係ない。ただ単にサボっているということ。今日はブログの更新日、それを思うと憂鬱だ。あぁ、めんどくさい。


女性化した写真はよく見ると指が溶けている。性転換と若返りのために強烈な薬を飲んだ結果か。
このアプリの成果を見るたびに、似顔絵の難しさを思う。例えば、女性になった顔と見比べてどこが大きく違うだろうか。髪の毛はおいておいても、他はそれほど変わっていないのだ。でも、どこからどう見ても女性だ。一生懸命に写真を見て似顔絵を描いてもなーんか似ない。写真をトレースして描いてもなんか違う。そんな似顔絵の難しさを、このアプリを通して考えてしまう。
くれぐれも、自分のことが好きで、こんな写真を乗せてるわけじゃないのです。ここだけの話、本当に自分のことが好きな人は自分の写真など載せません。それくらいに自己愛は屈折するものなのです。
このアプリ、3日経ったら自動的に課金されるらしいので、もう飽きたし、さっさと削除してしまった。


最近のお仕事。
「オール讀物」大島真寿美さんの短編『種』。直木賞をとった『妹背山女庭訓』のサイドストーリーでもある。
ただ筆に墨をつけて描いているのだけど、これをiPadのお絵かきアプリでやるのは難しい。可能だとしても時間は10倍くらいかかるだろう。便利の逆である。結論から言って、軽井沢には筆も絵具も持っていかなければいけないようだ。

構図はこの浮世絵が元ネタ。
今週はこんなところでよろしいでしょうか。とりあえず、更新だけは今週もしました。