新・伊野孝行のブログ

タグ:となりの一休さん

2022.7.25

狂雲集・一休さんの詩の世界

実に9ヶ月ぶりのブログ更新です。
12年間毎週更新してたのに、不定期になったらこの有様。
4年続けていた週2回のジョギングも、パートナーの近所の喫茶店のおじさんが病気になって(今は回復)半年ほどやめている。それに変わって5ヶ月くらい続けているのが毎日のウォーキングです。正直、週に2回のジョギングでは健康診断の数値に何も影響がなかった。聞くところによると毎日8000~10000歩、歩くとかなり数値が改善されるらしい(水道橋博士がyoutubeの雑談で言ってた)。
決めたことを淡々と続けるのは、そんなに嫌いじゃない。
さて、ブログを更新したということは近々イベントがあるということ。ちょっとちょっと聞いてくださいよ。来週から軽井沢で個展がありますのよ。
「狂雲集 一休さんの詩の世界」軽井沢の酢重ギャラリーで7月30日〜8月16日。
また一休さんである。ブログを振り返っても一休一休。どんだけしつこいねん。


首尾貫徹しない態度の持ち主、一休宗純も、漢詩だけはしつこくずっと作り続けていた。千首を超える漢詩は「狂雲集」という詩集にまとめられている。恋に悶える愛欲漢詩、情事をあからさまに綴ったエロ漢詩、禅門禅僧への悪口漢詩、高らかに自分を持ち上げておきながら時々自己嫌悪になる正直漢詩……あと意外にのんびりしたのほほん漢詩も時々あって、それもいいです。

一管の尺八は、悲しみを伝えて、心は堪えがたい、
辺境に吹く胡人の芦笛の調べが偲ばれる。
町中で吹く尺八の音は、何の曲か、
禅門に一緒に尺八の音色を語り合う友はいない。

今度の個展は一休さんの漢詩を絵画化したものがメインです。加えてZENをテーマに作ったもの、合わせて約50点。
東京で展示をやると、ふだん人付き合いも愛想も良い私だから、多くの人が見にきてくれるのだが、軽井沢に友達は少ない。というかギャラリーの人しか知り合いはいない。だからお客さんも少ない。別段個展をやりたいわけじゃないのだが、ギャラリーのTさんが昨年の一休寺のトークショーにまで現れて頼まれた。驚いてつい弾みで「やります」と受けてしまったのだ。人を動かすのも、自分を動かし続けるのも執着心。

私のことをよく知っている人は、また一休かと思うでしょう。私自身がそう思っている…。だが、それは半径の小さい世界の話で、世間はほとんど知らないことなのです。自分もまわりも飽きてきた頃にようやっと世間に届くと言います。
先月、Eテレの「日曜美術館」に出ました。(特集「ユニークな肖像画が語る異色の人物たち」)これもしつこく一休一休やり続けていたからこそではないか。実は未だに、一休さんをテーマに絵を描くことには飽きてはいない。マンネリの中に常に新鮮さを見出すことが、偉大なるマンネリへの道なのである。長い人生はマンネリを抜きには過ごせないのです。

あ、申し遅れましたが、暑中お見合い申し上げます。
この絵は2年前軽井沢に滞在していた頃を思い出して描きました。雲場池の周りを歩いている写真を元にした。酷暑の中、暑い東京を抜け出して軽井沢で過ごせる…それだけでも個展を引き受けた甲斐はあるというもの。東京からは新幹線で1時間(5000円くらいだったかな)で行けます。4回くらい東京と軽井沢を行き来しようと思っていますので、行ってやろうというご友人の方は連絡ください。

2021.10.28

一休フェス

今年からブログを不定期更新にしたら、案の定、全く更新しなくなりました。
かろうじて更新するときは、何か特別なお知らせや、イベントのある時だけになっています。4月以降はほぼ一休さん関連のことばかり。今回もそうです。でも、今回がある意味“ファイナル一休”かもしれません。私の一休を追う旅がたどり着いた場所。

11月1日から28日まで、一休さん終焉の地、酬恩庵一休寺にて「一休宗純没後540年 一休フェス 〜keep on 風狂〜」が開かれます!
高僧の名前にフェスをつけて許されるのは一休さんくらいでしょう。また似合うのも。
誰がつけたんですか、こんなタイトル。
はい、私です。

酬恩庵一休寺の副住職、田邊宗弘さんが、私の4月のHBギャラリーの個展「風狂」を、「ウチのお寺でもやれませんかね」とお声がけしてくださいました。この「ガムテープの一休さん」もついに、本物の一休像と並ぶわけです。感慨深すぎますよ……。

フェスと銘打ったからには、展示以外のイベントもいろいろ。
まず、これが極めて重要なんですが、一休寺には「開山堂」というお堂がありまして、屋根の修復をしないといけないんです。そういうのって国からお金が出たりするんじゃないの?って思うでしょう。開山堂が建てられたのは昔々なんですが、実は一回、大正時代に建て直しているんです。そのため文化財未指定。屋根は檜皮葺で葺き替えると40年くらいは持つけど、いかんせん短命です。

この開山堂の屋根を思い切ってチタンにしようと一休寺は考えています。
実はチタンは金閣寺などでも採用されていて、今回担当される棟梁、木下幹久さんが手掛けています。また木下幹久さんの義父である木下孝一さんは数寄屋大工の名工だった人で、一休寺とも深いご縁のある方です。現代の知恵と技術を伝統に結びつけるプロジェクトなんです。
それでね、よかったら皆さんの暖かいご支援も賜りたいってことで、クラウドファンディングも行います。
リターンとして、特製「一休さん手ぬぐい」他、ここでしか手に入らないいろんなものを用意しております。下記のリンクよりクラファンのページに飛べます。どうぞよろしくお願いします。↓
令和に息づく新たな文化財を創る。酬恩庵一休寺 開山堂修繕にご支援を

あとは、トークイベントあります。
もう、すごいですよ。日本を代表する一級の一休研究者の先生方が三人も出てくださいます。私も客席にまわって聴きたいくらいです。しかも無料という太っ腹。もう満席に近いようですが、当日Instagramで配信もされますので、よかったら聞いてください。

ま、そんなとこだったかな。
あ、とんち菓子「通無道」(つうむどう)というのを開発したんですよ。一休寺×萬々堂さんで。萬々堂さんは奈良の老舗和菓子屋。この「通無道」ていうのは拙著『となりの一休さん』の漫画が元になってるんです。これも副住職のアイデアと実行力のおかげです。
歴史あるお寺が現代とどう結びついて、何をやるのかっていうのは、いろんなお寺が試行錯誤されていると思います。
一休寺は私なんかに声をかけてくれるんだから、ヘンですね。大丈夫かなぁ。
ぜひ、この秋は紅葉の名所、日本禅の重要地、酬恩庵一休寺にいらしてください。


2021.5.20

今野書店の「一休さんフェア」

ブログを不定期更新にしたら、結局お知らせのある時しか更新しなくなってしまった。
毎週更新の時は、無理やり何かをひねり出していたものだが……。

そんなわけで、お知らせがあるのです。
ただいま、西荻窪の今野書店さんで『となりの一休さん』刊行記念フェアを開催中です。
先月、個展「風狂」をやって手元に作品があるので、それも展示させてもらっています。

今野書店の花本武さんが企画してくれました。
まことにありがたいことです。

私の選んだ「一休的…あまりに一休的な…10冊!」という選書コーナーもあります。
どんな本を選んだかは今野書店に行って見てくださいね。
冊子はフリーペーパーですからご自由にお持ち帰りできます。
冊子には、選書10冊の紹介の他に、「コロナ時代の一休さん」というお題をもらって書いた短いエッセイも収録されています。
それと花本さんが集めてくれた一休さん本もたくさんあります。一休さんフェアだからね。

設営が終わってレジの横でサインを描いてるところ。頭の毛が薄くなった分、心臓に毛が生えてきて、こういうことも平気でできるようになりました。

サインの域を超えた作品ですね(自分で言うな)。

マンガの下絵や原画もファイルに入れて置いてます。
あと、読み込んだ形跡のある代表的参考文献、石井恭二著『一休和尚大全』も置いてあります。一休さんのカッコいい詩の世界を垣間見てください。

そうそう、これは設営の時の写真。サイズを測り間違えていたみたいで、壁(ベニヤ板)が後ろの本棚の高さをオーバーしちゃってます。
焦りました。本棚にベニヤ板を固定する方法も考え直さねばなりませんでした。

今野書店は個人経営の新刊書店の中の、スター的存在。
現在、西荻には今野書店しか新刊書店はないそうですが、めちゃくちゃいい本屋なのよ〜。
ぐるっと一周すればわかります。活気に溢れてる。筋金入りの本好きと、にわか本好きのどちらも満足させる懐の深さ。地下は漫画専門フロアになってます。こんな本屋さんがある街に住める人は幸せです。
自分も出版業界でお仕事をもらって生きているけど、イラストレーターだから、本のカバーを描いたり、雑誌に絵を描いたり、作家の人と共著という形で本や絵本を出しています。
だから本を売ることとにそこまで一生懸命になったことはないです。本や雑誌を作るお手伝いをしてる感覚で、売るのは版元や営業さんや書店さんまかせ。
でも、今回は自著だから、自然に一生懸命になってしまう。(今までも自分の本は何冊か出してるけど、いわゆる一般書店に並ぶような本ではなかったので、言わば、手売りに近い形)

「本が売れない、売れない」と言われ続けてるけど、それでも一年で7万点以上(?)の新刊が出版されています。不思議ですよね。これは出版社と取次会社の自転車操業的システムがあるせいなんだけど、そんな本の洪水の中で、産声をあげた本を売って育てていくって、これまた大変なことじゃないですか。
書店にとって本は商品だから、売れる本を置きたいってのは当然なんです。
それなのに、新人の書いた『となりの一休さん』にこんなスペースを取ってもらえるなんて、このありがたさ!わかるかなぁ?わかんねぇだろうなぁ。
どうしてそんな扱いしてもらえるのかって?

それは……

『となりの一休さん』が面白い本だからだよーっつ!

というわけでよろしくお願いします!
ただいま豪華サインが入った『となりの一休さん』はブックギャラリー・ポポタムでも購入いただけます。こちらは限定10冊



もうひとつお知らせ。
四谷デッサン会主催のzoomトークイベントに出ます。
5月29日(土)19時スタート。無料です。
四谷デッサン会の門脇大さんと山田淳史さんとおしゃべりします。「美術こんにゃく問答」にご期待ください(?)。
お申し込みはこちらから。

2021.5.7

そして「風狂」は去った。

去る4月21日、個展「風狂」は無事終わりました。終わった直後に、クソ小池百合子により緊急事態発令。僕はラッキーだったと言えるが、後の週に展示をやる人のことを考えるとせつない。
ざっと写真で振り返っておこう。

搬入自体は自宅からワゴン車でギャラリーまで乗り付けたが、今回の目玉作品、ヴィトンのカバンは持ち主(ギャラリーの近所に住んでおられる)の家に取りに行った。

金地に黒の風狂の文字、近くに寄って見ると、特殊な描法で描かれているが、この写真ではわからない。

2年ほど前にTwitterでバズって、我が物となった三ハゲ老人「開巻一笑」が迎える入り口。左上のレジャーシートで作った掛け軸は、仙崖和尚の禅画『丸三角四角』のオマージュである。

禅では狂や奇の形を取って現れる自由を「風狂」と呼ぶ。

入って右側の壁。

入って左側の壁。

左は禅の円相のつもりのドーナツ。右は『四睡図』

「南泉斬猫」をマンガにした。有名な禅問答。唐の時代の人は絶対に答えられない問をうまく考えた。答えようとすると理屈や常識が邪魔する。え?読めない。拙著『となりの一休さん』でも紹介してます。

「隻手音声」は江戸時代の白隠和尚の作った禅問答。

「お経お経とありがたがるな、元はと言えば糞を拭く紙と同じだぞ」臨済の言葉であり、一休もそう言った。はい、ビジュアル化してみました。

この日はカンフーシャツを着ていたので、カンフーポーズ。(来場者のカメラより)

一休さんの頂相(ちんそう=高僧の肖像画)

一休さんの詩に絵をつけた。

これは一休さんが悟った時の詩です。

これは一休さんの恋愛漢詩「恋する法師一休」。拙著『となりの一休さん』に載ってます。

一休さんの頂相。ガムテープ立体バージョン。

ここでおもむろにポーズ。(来場者のカメラより)

いきなり何の絵だ?と思われるでしょうが、「すきまの形」というシリーズです。家電製品の箱の中に入っている緩衝材。こいつら存在自体がポジに対するネガ。箱から出せばゴミ。物事や視点をひっくり返す禅の精神にとどこかつながるような気がして…。

これも緩衝材。この裏は「四睡図」になっています。静物画と静かな眠り。

ここでウィンク。(来場者のカメラより)

「虎と美人」。

天地がひっくり返った宇宙山水図。表装が素敵。

「風狂だョ!仙人集合」。実際のリアル仙人は二人しかいない。

悟りへの道を10段階で示した「十牛図」。しかし、展示してあるのは半分の5枚だけ。途中で力尽きたからじゃ。

第4の段階「得牛」

お釈迦さま時代の袈裟は、ゴミ溜めに捨てられた布や、死者が纏っていた着物を再利用して作ったそうで「糞掃衣」(ふんぞうえ)と呼ばれていた。こういうキャプションがつくと抽象画も納得して見られるでしょう。わっははは。

寒山拾得はコジキのような姿で描かれることが多い。なのでここも同じく「糞掃衣」で。写真を取り忘れたが裏に寒山がいる。

「くもりなきひとつのつきをもちながらうきよのやみにまよひぬるかな」一休さんの道歌。でも実は後世の作らしい。

一休さんのリスペクトする大燈国師(大徳寺を開山したお方)。

風狂僧、普化(ふけ)の最期。なんとも味わい深い最期である。え?読めない。拙著『となりの一休さん』でも紹介してます。

ここでいきなりテーマが禅から宗教へ(笑)。日本は神仏習合の国でありますし、いい加減にごちゃ混ぜなところがちょうどいい加減な塩梅を保っているのかも。

俺は風狂の画人、伊野孝行。狂った風を巻き起こす。
昼寝と寝酒は朝飯前。
ライバルのイラストレーターzenzenいない。
南に行こうか、北に行こうか。
西に行くと見せかけて、東に行くと見せかける。

『となりの一休さん』も風狂積み。書店、ネットで好評発売中!

毎日新聞4月24日の書評より。