新・伊野孝行のブログ

タグ:カバー

2021.3.25

『となりの一休さん』発売

奥付を見ると3月26日発行となっているが、書店によってはもう一昨日くらいから売ってるところもあるようなので、おおよそのところ「発売!」と声を張ってもいいでしょう。
数え年50歳にして、ついに本屋に自分の本が並びましたよ。(リトルプレスから何冊か本を出してるけど、今回はメジャーデビュー)

春陽堂書店刊『となりの一休さん』です。

Eテレのアニメ番組「オトナの一休さん」の作画を担当したのが2016、2017年。番組が終わって一休さんとおさらばするかと思いきや、大徳寺真珠庵の襖絵を描いたり、酬恩庵一休寺で展示をしたり、一休さんとの縁は切れてなくて、ついには自分で本にしてしまった。

一休さんのように自由に生きたい、とずっと思ってました。いや、自由に生きたいと思ってた中に、一休さんが飛び込んできたのか。
どっちにしろ、自由でいることは簡単なことではないので、その良き伴走者として一休さんが「となり」にいて欲しい。タイトルにはそんな意味があります。

「オトナの一休さん」の一文字違いのタイトルで、紛らわしく商売をするという狙い通り(『おとなりの一休さん』という候補もあった 笑)、アニメが本になったと勘違いなさっている方もおられるようですが、番組とは別物です。
一休さんは歴史上の人物なのでどう描こうが勝手だけど、さすがに「オトナの一休さん」の世界観でやるのはマズい。でも、「オトナの一休さん」をご覧になられた方ならより楽しめる本になっています。

今回はどういう切り口で一休さんに迫るのか。
これが最も頭を悩ましたところですが、自分にしか出来ない方法を……と考えると結局のところバラエティブックのような形になりました。
バラエティブックというジャンルに詳しいわけではない。エッセイやコラムや評論や対談、ビジュアルは写真やイラスト、漫画などが単行本の中に編集されている本のことかな。
直接的に言えば、ぼくが昔、古本屋で買った、伊丹十三『小説より奇なり』と、和田誠『倫敦巴里』。この2冊の影響は大きいと思う。いろいろ工夫が凝らしてあって、読み飽きない、見飽きない。
伊丹十三さん、和田誠さんがそれぞれ一人で完成させている。
この表現手段は、「口笛を吹けば音楽で、手紙を書けば文学で、落書きをすれば美術だ」という極めてお気楽な態度で、なにごとも始めたい自分にはピッタリだとも思ってました。
『となりの一休さん』は、6ページのすごろく、15本のエッセイ、5本の漫画、2本の対談、14枚の見開きの絵、他に写真やカットで構成されています。

一人で完成させる、とは書いたけど、もちろん本は一人ではできません。
声をかけてくださった春陽堂の永安浩美さん、最初から最後までお付き合いくださった編集の岡﨑知恵子さん、綺麗なブックデザインに仕上げてくださったB-GRAPHIXの日下潤一さん、赤波江春奈さんに感謝します。
そして、対談をお願いした飯島孝良先生のご協力があってこそ、「一休さん本」として世に送り出すことができました。ありがとうございました。

とりあえず、ブログでのご報告はこのへんで。
詳しい内容については、またの機会にしつこく宣伝すると思うのでのでご容赦ください。

2021.3.9

無理やり更新しました

今年からブログは不定期更新にしたのだけど、まさかこんなに更新しなくなるとは思わなかった。前回の更新が1月7日で、あれから2ヶ月も経っている。
「毎週更新」は自分のアイデンティティのひとつくらいに勘定していたが、やめてもなんともない。むしろ、煩わしいことが減ってラッキー。
つくづく無理やりやってたんだなと思う(最初は無理やりなんかじゃない。ブログを更新するくらいしかやることがなかった)。

無理やり更新するというのは、書くことがないのに書いている状態だ。「言いたいことがあるから表現する」のが創作の出発点で、好きだから、楽しいから、も同様。思いと行動の間に疑問を挟む余地がない。
「言いたいことがないけど言う」「好きでもないのに好きになる」「楽しくないけど楽しむ」は疑問を挟む余地だらけだ。夢中な時は忘我になれるが、常にソッポを向いてしまう自分がいる。こいつを制しなければいけない。

いやいやながらやっていて、うっかりチョロっと楽しくなってしまうこともあるだろう?それは人生を楽しむ上でもとてもいいことだ。

……などとつい行稼ぎ芸に精を出してしまった。

ブログは更新していないが、SNSには書き込んでいる。でもSNSは流れ去っていくので、やはりブログにまとめておこう。となるともうブログはSNSのまとめ記事なのだろうか。堕ちたもんだ。

月刊「シナリオ」の表紙を描いた。
今月の特集はシナリオハンティング (シナリオを書くために取材に行くこと)。シナリオライターと土地の風景の両方を主役にしたいと思い、こんな絵に。絵のモデルは脚本家の和田清人さん。深夜ドラマ『日本ボロ宿紀行』のシナハンで行った銚子市の外川漁港。
ふだんあまり風景をメインに描かない。どうしても人物をメインで描いてしまう。こういう絵になったのもテーマ(これもまた無理にでも受け止めなきゃいけないモノである)のおかげだ。

縦構図なので風景が描きにくいが、逆に縦であることを利用しよう。坂道があって、水平線が見え隠れする景色というのは、人間が理屈抜きに共感できるような気がしているがどうだろう。

月刊「シナリオ」では作文も連載している。「ぼくの映画館は家から5分」は下高井戸シネマにのみ的を絞ったエッセイ。『エクストリーム・ジョブ』を取り上げながら下高井戸に勃発した唐揚げ屋戦争について書いています。おんどれ!タピオカ屋戦争が終わったら、唐揚げ屋戦争なんじゃ〜!

去年の9月に引っ越しをした。この連載のことをうっかり忘れていたが、引っ越しても映画館まで歩いて5分だったという奇跡的な話。

これは『mid90s ミッドナインティーズ』を観に行った時に出くわした実話です。歳をとると、感動もすぐに忘れるが、彼らの中にはまだ残っているだろう。

SNSにアップした時『mid90s ミッドナインティーズ』の反応が多かった。しかし、自分としては『エクストリーム・ジョブ』の方が気に入っている。しかし、この連載も、やりたいやりたい!書きたい書きたい!でやっているわけではなくて、無理やりである。何せ下高井戸界隈限定なので、いつもネタに困っている。でも逆にテーマの狭さに助けられていることの方が多いかもしれない。

こんな連載、誰が読んでいるんだろうかと思っていたら、「小説新潮」の編集者が読んでいてくださったようで、読み切りエッセイの依頼があった。雑誌で掲載された一月後にウェブの「デイリー新潮」に転載され、同日Yahooニュースにも転載されていた。↓

イラストレーター「伊野孝行」が20年モノの中古自転車と“相棒”になれた理由

一時的に小木とまっちゃんに挟まれる。よりによってなぜこの記事がピックアップされたのだろう。よほどニュースがなかったのか。

実は、原稿の元になっているのはブログの記事(2020.5.12)なので、既読感のある方もいらっしゃるかもしれない。いわば、ブログがYahooニュースにもなったと言えなくもない。
やっぱりブログは無理やりにでも続けた方がいいのだろうか。

2020.11.17

婦人倶楽部とWAVE

婦人倶楽部の新曲「君にやわらぎ」のジャケット描きました。

背景の奥でパッカリ割れているのが佐渡金山、「道遊の割戸」。大げさに描いたのではなく実際にこんな感じだ。ぜひ画像検索でもしてください。

もう何年くらい前のことだろう、そんな前でもないか。
友達のイラストレーター犬ん子さんがLINEスタンプを作っていて、とても使い勝手が良く、なおかつシャレていた。
「これ、自分のオリジナル?」と聞けば「佐渡の婦人倶楽部っていうバンド(アイドルグループって言ったかな?)のLINEスタンプなの」と答えてくれた。
その時、はじめて佐渡には婦人倶楽部というバンド(アイドルグループなのか?)が存在することを知ったのである。スタンプの中には「あっというまにおばさんよ」というのがあるので、おばさん達なのかもしれない。

佐渡ヶ島に暮らす主婦たちが巻き起こすポップアート「婦人倶楽部」。婦人たちのつぶやきを暮らしにお役立てください。(スタンプ制作:青空亭)

婦人倶楽部のLINEスタンプはここから買える。

YOUTUBEをあたってみると、めちゃくちゃクオリティーの高いミュージックビデオがいくつか上がっていた。
婦人たちの顔は手拭いで覆われているのでわからないが、それほどおばさんではないようだ。むしろ若い。ぼくからすれば女子大生くらいの感覚だ。それでも、あっというまにおばさんなのだろうけど。

Twitterに婦人倶楽部のアカウントがある。宣伝の時は「回覧板まわしてね」という決まり文句をつけているのに、唸った。「拡散希望」とか「リツイートお願いします」なんて野暮な言葉は使わないのが、主婦のひと工夫だ。
婦人倶楽部は音楽以外の衣装、振付、撮影、小物……顔出しNGも含めて、世界観がカンペキに構築されている。「回覧板まわしてね」にもそれを感じた。年齢を聞かれた時に10万23歳と答えたデビューしたてのデーモン小暮を思い出した。婦人倶楽部も要所要所にひと工夫あって楽しい。この丁寧な主婦たちのものづくりは「暮らしの手帖」に取材されるべきである。

昭和初期までは金銀の原鉱を処理していた施設跡地。スゲー!写真は佐渡島の魅力を切り取るカメラ女子、sakiさんの撮影。

そんな婦人倶楽部から新曲のジャケット依頼が来たから緊張した。
「江戸時代の佐渡の金山にタイムスリップした婦人たちを浮世絵風に」という依頼内容は確かにぼくのレパートリーで受けることができるが、一聴すればわかるように、婦人倶楽部の楽曲はとてもおしゃれなのである。
投げ込めるストライクゾーンは狭い気がした。コントロールに注意せねば。キャッチャーが構えるミットのど真ん中に放りこめた時、イラストレーター稼業の充実感も得られるのである。

キャッチャー役はプロデューサーのムッシュレモン氏と婦人A(婦人倶楽部はイベント担当の婦人A、ヴォーカル担当の婦人B、パフォーマンス担当の婦人C、演奏担当の婦人D、さらに最近もう一人加わって5名になったそうだ)だった。婦人Aは実はぼくとは昔ちょとした関係があったことが今回判明した。縁は異なもの味なもの、先立つものは佐渡の土、なんのこっちゃである。
仕事のやり取りをしている時にも、「すみません、稲刈り作業でお返事が遅れました」とかメールが返ってくる。婦人たちは本当に佐渡に根差して生きているようだ。
しかし依然として正体はヴェールいや手拭いに包まれたまま。
いつか佐渡に渡ってトキとともにこっそり生態を確認したいリストに入れた。

こちらのいずれかの配信で聴けるようです。


ムッシュレモン氏による「君にやわらぎ」の解説です。

おまけにもう一つ回覧板まわすわ。
11月21日〜29日。3331Arts Chiyoda(元学校だったところね)にて開催される「WAVE2020」に出品します。
今まで一度も波に乗ったことがないイラストレーターだけど参加してもいいのかしらネ。
絵はもう描けました。今日は搬入に行って来ます。
今回は特大絵馬に絵を描くことにした。今回は私の考える現代美術をお見せすることになるだろう。

こういう形で売ってるわけでなくて、木材から切り出した

WAVE2020のDM。

WAVE2020の詳しい情報はこちらからどうぞ!

2020.10.27

つなげ!アヒルのバトン

6年生になった航平のクラスにある日、アヒルがやってきた。
いや、アヒルじゃないよ、人間だよ。
航平の担任が産休に入り、代わりにやって来た先生の苗字が阿比留(アヒル)だったんだ。
みんな「アヒル先生」と呼んでいる。だって苗字が阿比留なんだから当然と言えば、当然なんだけど、ただ、先生は毎日アヒル柄の色違いのネクタイをして学校に来るんだ。やっぱり阿比留じゃなくてアヒルだよ。



航平にはいつもつるんでいる友達がいるんだけど、そこに谷が仲間に加わる。
谷の家は自転車屋さんなんだ。
谷はおとなしい子なんだよね。
まるで小学校の時の伊野少年のように。


伊野少年は小学5年になるまでは、とてもおとなしい子だったんだけど、なぜか5年生になったら今に通じる性格が現れたのね。
ま、ボクの話は関係ないからいいんだけどさ。
そうそう、この本は6月に出たのに、ブログで紹介するのがすごく遅くなちゃったんだ。ゴメンなさい。
読書感想文の指定図書に選ばれないかなぁ。
選ばれると、たーくさんたーくさん印刷されて、すーごく嬉しいんだ。
50歳手前の伊野少年はそんなことを考えてる。



そんなことは忘れよう。欲をかくとろくなことないからね。
みんなリレー競技を一生懸命頑張ったことある?夢中になって応援したことある?
航平たちは一輪車でリレー競技に出るんだ。みんな最初は一輪車に乗れないけど、だんだんと上手くなっていく。おとなしい谷は最初から一輪車がすごく上手い。
そしてアヒル先生も実は一輪車と深い関わりのある人だったんだ。
航平たちは一輪車を通して、多くのことを学んだと思う。いろいろあるんだよね、人生って。



伊野少年も小学校の時に一輪車を買ってもらったんだけど(おねだりしたわけではなくて、珍しく親の方から買い与えられた気がする)結局、ボクも妹も、お父さんもお母さんも誰も一輪車を乗りこなすことができずに、物置でほこりをかぶっていたよ。そしていつの間にかなくなっていた。
だから、航平たちのがんばりを見て、正直すごいなぁと思ったよ。
ボクにもこんな友達がいたら乗れるようになったかなぁ。
一輪車を通して何にも成長できなかったもんな。


だからこの本を読んで、ボクの経験できなかった世界にもう一度チャレンジしてる気になったよ。
勝利に向かって努力するだけの本ではないんだ。
じんわり気持ちがあたたかくなる本なんだ。
これ以上書くとネタバレになるからやめとくよ。
麦野圭・作、伊野孝行・絵、『つなげ!アヒルのバトン』は文研出版から発売中です!

2020.10.20

数値にあらわれない

DHCの「みんな、げんき?」という雑誌のダイエット特集、「燃えよ!! ダイエッター」にブルース・リーに似たような人を描きました。
燃えよ、脂肪!!というわけです。今、「脂肪遊戯」というダジャレを思いつきましたが、それは関係ないですね。

みなさん、ダイエットはしてますか?
老化というのは、毛が薄くなったり、シミができることかと思ってたんですが、太ると老けたなと思いますね。
老ける=太る、です。
私も一時は63キロまで増えた体重を3キロ落として、見た目も3歳若返りました。
3キロ減らすとむくんだようなほっぺたの肉が落ちました。毎日、計測しています。最近は59キロ台をキープオン。

今年のはじめ、健康診断(人間ドック的な)に行った時、偶然同業者のMさん(男性、52歳)に会いました。
Mさんは私みたいに意地汚い酒の飲み方はしないし、生活に荒れたところはありません。そのせいか、意外にも健康診断は10年ぶりだと言ってました。ところがMさん、血圧が思いのほか高かった。イヒヒ。他の数値は後日でないと判明しませんが、どうだったでしょうか。

私も年齢の割には血圧が高い。でも、血圧が高くても自覚症状はありません。内臓や血液の数値が悪くても、自覚症状はなかなか出ない。
そういうわけで、健康の話題になる時、今のとことろ、主に数値を話題にしています。
いきすぎた検診こそ害毒だと主張するお医者さんもいます。薬漬けや不必要な手術を招く。例えば血圧の基準値を下げれば、その分降圧剤が売れるとかね。

ネットのアクセス数やいいねの数も、数値です。ネットでは反応いいのに仕事がない人や、逆にネットで人気はなくても仕事が途切れず来る人もいる。
やはり数値化できるのはごく一部のことだけで、生活全般や人間関係の大部分は数値化できません。
健康管理に漢方的アプローチもあるように、ネットや仕事や人間関係にも漢方的な注意を払ったほうがいいかもしれません。
ネットに漢方的アプローチ?どうやって?

全然わかりません。
なぜなら今週は何も考えがまとまらないままブログを書いているからです。
書くことがないのに、無理にブログを更新しようとしてるので、これ以上話は展開しません。

私にとって毎週のブログ更新は漢方のようなもの、とでもしておきましょうか。
ブログを書くことで、気を養い、流れをよくし、乱れたものが整っている……のかな?
わかりませんが、ゆっくりゆっくり何かが効いてくると思い込むようにしています。

唐突ですが、ブログで紹介するのを忘れていた仕事をひとつ。
発売は6月頃だったかもしれません。田中啓文さんの『臆病同心 もののけ退治』(ポプラ文庫)です。


 

それではみなさんさようなら。

2020.4.21

仏陀としての勝新

新コロナウィルス、略して「新コロ」という名前が気に入っています。
何かちょっと楽しい気持ちが1ミリくらいは湧いてくるじゃないですか、新コロ。コロっていう語感がかわいいんですが、殺伐とした世の中から距離を保とうという気持ちが込められた、ちょっと小馬鹿にした呼び名ですね。不要不急の緊張も身の毒ですから。

飼い主はステイホーム、愛犬のコロちゃんはハウス!

人間は距離を取ろう。犬にも新コロは感染るって話ですが、犬は人間と違って自分が新コロに罹るんじゃないかという心配はしない。それどころか自分がいつか死ぬ存在であることも認識していないでしょう。

この絵は特に新コロとは関係ありません。時間があったので、前に作ったモノクロの版画をカラー化してみました。ドンマイ、ドンマイ!きっとウマくいくよ。と無責任に励ます馬です。

お仕事の報告をさせてください。
新潮文庫、木内昇さんの新刊『球道恋々』のカバーを描きました。『球道恋々』は連載時の挿絵、単行本のカバー、そして文庫本のカバーと、「完投」させてもらいました。挿絵は描いたけど単行本は別の人が描く、単行本は描いたけど文庫本は別の人が描く、という投手交代はよくあるので、最後までやらせてもらえるのは嬉しいです。


木内昇さん『球道恋々』連載時の挿絵はコチラ!
木内昇さん『球道恋々』単行本カバーはコチラ!

玄光社『イラストレーション』誌は和田誠さん特集。『和田誠の「この仕事」』というコーナーで「自分にとって印象深い和田さんの作品」を選びました。
素直に「倫敦巴里」にしようと思ったのですが「他に二人選んでらっしゃいます」という編集部の声に忖度し、絶対ダブらないであろうこの本にしました。山城新伍著『おこりんぼ さびしんぼ 若山富三郎・勝新太郎無頼控』。なぜこの本を選んだかの理由は立ち読みでもしてください。テーマは愛です。


コロナの終わった頃、略してコロコロには世界はどうなっているのでしょう。出口治明さんがおっしゃてたけど、14世紀のペストはルネサンスを生み出したらしいですね。アフターコロナ、略してアフコロが良い時代になりますように。
そんな未来もくるかもしれない。でも今この時にも、自分たちのお気に入りのあの店この店は、どこも窮地に立たされています。ほとんどが中小企業ですらない零細企業や個人商店。個人のお店だからこその雰囲気やサービスや味に愛着を持ちます。あの街この町が好きな理由はそういった店や場所があるからなんです。回らなくなった経済、お金の問題はどうすればいいのでしょう?

ところで、勝新太郎は映画やテレビの制作に妥協を許さずこだわりまくり、豪快に人に奢りまくり、大借金をこさえました。勝新は自らのお金感についてこう書いてます。初台のマンションで中村玉緒との会話です。

〈 家の台所の食事をする所から、東京タワーがよく見える。
「パパ、東京タワーきれいでっしゃろ。なんであんなにきれいに電気がつくか、知ってますか」
「観光客のためだろ」
「違います。…… じゃーここの家は、なんで電気がつくんです?」
「電気がつかなくなったら、なんにも見えなくなるからさ」
「違います」
「……」
「つかなくなったら、パパ、どうします?」
「ヒューズがとんだんだろ」
「違います」
「じゃー電気の球が切れたんだ」
「違います」
「じゃ、電気屋を呼んで、調べてもらえばいいじゃないか」
「調べてもらっても、つきまへんえ」
「どうして?」
「わかりまへんか」
「……」
「お金を払わなぁ、電気はつけてくれまへんで」
「じゃ、払やぁいいじゃねえか」
「パパ、払えますか」
「俺は払えなくても、銀行が払ってくれるだろう」
「ほんま、それやったら、よろしいねん……。パパ、銀行にお金があるんですか?」
「ないよ、俺の金はないよ、銀行の金があるだろう」
「ほんまにそんな風に、パパ考えてるんですか」
「ああ、俺に金がなくっても、日本に金がなくなった訳じゃないんだから、心配するな」
「パパと話していると、あほらしなってくる」〉

勝新太郎著『俺、勝新太郎』より。

勝新はお金に関して仏陀、つまり目覚めた人であったにちがいありません。
諸行無常、お金には絶えず懐から出たり入ったりして一瞬たりともとどまらないものである。
諸法無我、お金は人間の作ったフィクションであって、実体はない。