お問い合わせは 03-3324-7949

メールソフト起動

伊野孝行のブログ

二人展DMの正しい見方

来る8月27日(金)から9月1日(水)までHBギャラリーにて伊野孝行・丹下京子の「二人のスケベ展」じゃなかった、「二人展・鍵」が開催されます。みなさまご来場おまちしております。エログロナンセンスは世の中に余裕のある時代の表現ですが、この行き詰まった時代にエロとナンセンスで果敢に逆行したいと思います。

これが展覧会宣伝用カードです。タイトル「鍵」と二人の名前。「陰影礼賛」を思わせる和室の中で、なにやら気になるのは左に見える物体。さてこれは何でしょうか?(すべての画像はクリックすると鮮明になります。ピンぼけなのはブログのソフトのせいです。)

カードを開くと、丹下京子描く女性の絵が。足元には鍵が落ちています。右側にはなにやらあやしい白い足が。その上の文章にはこうあります。

老境をむかえた夫は、めっきり衰えた精力をある方法で取り戻すことを思いついた。/夫は若い男を妻に近づけた。彼は娘の恋人でもあるのだが…。/嫉妬の効用により、夫は目的を果たしつつあるが、貞淑な妻の中では何かが目覚めはじめた。/奇妙すぎる四人の関係。その果てにある世界とは。/谷崎潤一郎の小説を元に伊野孝行と丹下京子がおくる愛欲の悪夢。

開ききると私の描いた男性の絵(つまり夫ですな)が現れます。机に鍵をかけようとしています。真ん中には二人の日記の出だし部分が引用されています。お互いに秘密の日記をつけながらもこっそり読み合っている(読ませ合ってる)のです。二人の日記を交互に読んでいくことでこの物語は進んでいきます。

ひっくりかえすと、こうなっていました。横たわる妻は意識を失っているかのよう。眼鏡だけ光る夫はどうみてもあやしすぎます。

というようなわけです。原作にきわめて忠実に描いてますが、やはり個性というものは自然に出てしまうものです。小説でもない映画でもない「鍵」の世界が出来あがりつつあります。あとひと月を切りました。どうか見てやってくださいませ。ご鞭撻よろしくお願いいたします。
HBギャラリーはコチラです(click!)