お問い合わせは 03-3324-7949

メールソフト起動

伊野孝行のブログ

がばいエロい一休の漢詩

まずは『笑ってなんぼじゃ!』の挿絵から。

洋七さんが小学生の頃の話…ということはつまり『佐賀のがばいばぁちゃん』の頃の話です。

いやぁ、ひじょうに助かるなぁ。何がって言って、資料探しが。映画にもドラマにもなっているし、それがネットで見れたりするのもんで…とても助かる。今のところ。

『笑ってなんぼじゃ!』は日本農業新聞で連載されている、島田洋七さんの半生記です。

さて、今週の『オトナの一休さん』は?
第22則「一休、エロ漢詩を詠む」です!
今の時代、お坊さんが結婚するのは当たり前だし、誰と付き合おうが勝手なわけですが、一休さんの時代は許されたことではなかったようです。世間から非難の目を向けられても、そこは一休さん、自分の道を貫きます。
しかも、それだけではありません。一休さんは恋人との情交をかな〜りきわど〜い漢詩につづっています。一休さんは詩人なのです。『狂雲集』という詩集(かっこいい名前ですよね、狂雲集って)を盗み読みした弟子たちは大騒ぎ!
番組ディレクターの藤原さんに、史実の一休さんを知るためにはどの本がおすすめですか?と聞いて教えてもらったのがこの本、『一休和尚大全』(河出書房)。石井恭二さんが現代語訳する一休さんの漢詩はなかなかカッコイイんっす。おっと、いきなり本の帯に今回のアニメにも出てくる漢詩の一節〈美人の陰、水仙花の香有り〉が引用されているではありませんか。
『オトナの一休さん』第2シリーズでは4人のアニメーターの方に一話づつ担当してもらっています。今回担当の飯田千里さんは、毎回チャーミングな動きでキャラの可愛さを引き出してくれます。ありがたや、ありがたや。
ぜひお見逃しなく!