お問い合わせは 03-3324-7949

メールソフト起動

伊野孝行のブログ

偉大なる失敗

ハヤカワ文庫のマリオ・リヴィオ著『偉大なる失敗 天才科学者たちはどう間違えたか』のカバーを描いてます(デザイン:モリサキデザイン)。アインシュタインが投げ捨てているのは、失敗した計算式が書かれた紙くず。しかし、その失敗こそが科学に進歩をもたらした、というわけで紙くずが惑星になって、宇宙の謎を解く鍵になる…というアイデア。この犬の絵は「婦人画報」のお肌の特集で描いた絵。なぜ犬なのかというと、お肌がたるむ人=ブルドッグ、こける人=イタリアングレイハウンド、という婉曲的表現になっているわけです。たるみとこけるがじゃれあっている図。どういう意味だ?お肌の断面図というのはこうなっている…ってどういう構造だったかもう忘れてしまいましたが。

私は、打ち合わせの時に「婦人画報」の担当さんからいただいた美白効果のあるオイルを、お風呂上りに顔に塗っています。

今週のブログは手抜きにて、これにておしまい。おもてなしできずにすみません。わざわざ覗きに来てくれた人、すみません。今から出かけなければいけないので…。