お問い合わせは 03-3324-7949

メールソフト起動

伊野孝行のブログ

ぼうさまがくれたにわとり

童心社より紙芝居が発売されました。『ぼうさまがくれたにわとり』と言います。もともと民話として残っているお話をもとに、津田真一さんが脚本を担当されています。

以下このブログで書くあらすじは、セリフも含めて津田さんの脚本ではなく、私がこんな話だったよな、と思い出しながら書いていますので、ホンモノの脚本とは話の流れ以外はずいぶんと違います。ホンモノを読みたい方は是非、買ってみてください。ホンモノはお子様や、紙芝居を演じる幼稚園の先生方のために、練りに練って書いてありますので。%ef%bc%91%e5%a0%b4%e9%9d%a2%e4%bf%ae%e6%ad%a3あるところにおじいさんとおばあさんが住んでいました。でもおばあさんは体の具合が悪く近頃は床に臥せっていることも多く……。箱根七里は馬でも越すが、越すに越されぬ年の暮れ、と昔の人はよう言うたもんです。「ばぁさん、わしゃこの炭を町に行って売ってくるからなぁ」とじいさんは出かけていました。ちょうど時期的に今頃の話ですなぁ。%ef%bc%92%e5%a0%b4%e9%9d%a2%e4%bf%ae%e6%ad%a3「炭はいらんかねー、炭はいらんかねー」とじいさんは必死になって売りましたが、ちっとも売れません。みんな冷たいのね。それとも炭はすでに買ってあるのでしょうか。そうだったら、この町の人は用意のいい人です。%ef%bc%93%e5%a0%b4%e9%9d%a2%e4%bf%ae%e6%ad%a3そんなじいさんに声をかけた一人のぼうさま。みればボロボロの着物で、そこらへんの落ち葉などを集めてたき火をしていますが、寒そうです。じいさんの持っている炭を全部くれというので、じいさんもホクホク顔。ヤッター!ヤッター!。%ef%bc%94%e5%a0%b4%e9%9d%a2%e4%bf%ae%e6%ad%a3ところが、金はないんだって言うんですよ、このぼうさん!ええ〜!%ef%bc%95%e5%a0%b4%e9%9d%a2%e4%bf%ae%e6%ad%a3「その代わりと言ってはなんだが……」と傍に落ちていた木片を拾って、小刀で何かを削り出しました。%ef%bc%96%e5%a0%b4%e9%9d%a2%e4%bf%ae%e6%ad%a3削り上げたのは、にわとりの木彫。ジャ〜ン!「これでどうかひとつ」「ワシにくださると……??」とじいさんは戸惑っています。だって、これじゃばあさんに何にも買って帰れないじゃないですか。今年の年の暮れは、マジで越せないかもしれません。

さぁ、これから話はどうなる!?絵的にはこの後の展開のシーンが気に入っているのですが、全部見せちゃうとアレだから……。

子どもっていうのは、紙芝居や絵本の気に入ったものを何度も「読んで!読んで!」とせがむヤツらなので続きの絵も見せたって大丈夫な気もするんだけれど、やっぱりそれは童心社の人に悪いので、この続きは紙芝居で!

%e3%83%a9%e3%83%99%e3%83%ab%e4%bf%ae%e6%ad%a3%ef%bc%99%e6%9c%88%ef%bc%92%ef%bc%90%e6%97%a5この絵は紙芝居のケースに貼ってあるラベルの絵です。来年は酉年ですよね。ぴったりのお話です!というわけでよろしくお願いいたします。

「ぼうさまがくれたにわとり」は童心社から発売中!