お問い合わせは 03-3324-7949

メールソフト起動

伊野孝行のブログ

ウクレレ♪デコレレ♪

銀座8丁目のリクルートG8でおこなわれる恒例のTIS(東京イラストレーターズ・ソサエティ)の展覧会も今年で21回目となるそうな。今年のテーマは「ウクレレに描く」です。

最近、ずっと弾いてなかったギターをまた触り出すと同時に、音楽も前よりよく聴くようになった。ぼくは面白いとおもったら、マニア道に走るより、不見転で自分でもやりたくなる。鑑賞者の立場だけにいるのと、ヘタでも自分でやってみるのとは、大河を間に挟むくらいの差があると思う。べつに楽器などできなくても口笛でも音楽はできるわけだし、大昔のように実作者、演者と鑑賞者が別れていない方が「芸術」の意味、必要性がより理解できるはずだ。

…と、まぁ、またデカイことを言ってしまったので、画像をアップしにくいが、わたしの出品するウクレレはコレだ。…なにとぞ、お手柔らかに。ハワイのお土産風に描いてみました。だから大量生産風にカンタンな絵…。

もう、終わるらしいテレビ番組「若大将のゆうゆう散歩」が好きで、たまたまつけてやっているとよく見ていた。庶民派の地井武男のときとちがって、加山雄三はお城の殿様がおしのびで城下町にやってきているような感じでいい。我々は下々の者だとつい思っちゃう。そう思わせる天真爛漫さ。きっと加山雄三は自分のことは庶民だなんてこれっぽっちも思ってないから、そのふるまいが自然だ。

加山雄三は毎回、散歩の感想を書にしてしたためるのだが、あまりよくない。散歩に飽きた?ときに突如はじまる料理コーナーの腕前もほほえましい。得意とされている絵も、真面目な絵なんだなぁ。ところが、あるときウクレレを作っている工房を訪れたとき、ポロロ〜ンと一曲やったのが、ものすごくうまかった。よかった。ぼくは加山雄三のつくる歌が好きだ。学生時代の美術部の部室になぜか加山雄三のテープがあり、なんども聴いていた。

そして加山雄三もまた、自分がおもしろいと思ったら、すぐやってみるタイプのひとだった。番組をやめる理由も、80歳までにつくりたい船があるとか…。

というわけで「デコレレ展」2015年9月8日(火)~ 10月7日(水)クリエイションギャラリーG8(東京都中央区銀座8-4-17 リクルートGINZA8ビル1F)でやってます。

会期中にイベントもあり。すべて入場無料。
イラストレーターが描くウクレレ148本「デコレレ♪」の詳しい情報はコチラ!