お問い合わせは 03-3324-7949

メールソフト起動

伊野孝行のブログ

古典文学3本立て

阪急コミュニケーションズの「レプリーク・ビス」の仕事。色々な劇団で古典文学が再演されるというので、それにあわせた企画。あらすじを紹介するためのシーンを描いた。小さいカットもイラストレーションの大事な仕事だが、こういう風に全面に使ってくれるのは、とても気分がいい。それぞれの絵の中には作者をまぎれこませてみた。どこにいるかわかるでしょうか?

※画像はクリックするとさらに大きく美しくなります。

チェーホフ「かもめ」

ゴーリキー「どん底」

スタンダール「赤と黒」