お問い合わせは 03-3324-7949

メールソフト起動

伊野孝行のブログ

X’mas/カレンダー/芝浜

突然電話がかかってきて驚いた。電話は突然かかるものなので、驚いたのはそれではなくて、外人さんが「ワタシ、ニホンゴ、ウマクナイケド、ガンバッテ、シャベリマス」といきなり話しはじめたからだ。しかし、用件はわかった。彼の会社は、東京にあり、海外にむけて教材や商品を作ったり、販売したり、紹介したりしているところのようだ。クリスマスカードを依頼してくださった。日本人がクリスマスにケンタッキーを食べることが外国人にとってはものすごく奇異に感じるようで、それを浮世絵のパロディで描いて欲しいということだった。わたしはクリスマスにケンタは食べないが、そういう人もいるのだろう。正月に吉牛で牛丼を食べるとかそういう感じのことなのだろうか。おもしろいので引き受けた。5000人の海外のお客さんに配ったということだから、笑ってくれてるといいのだが。鈴木春信の浮世絵のもじりで描いた。よくみると線がグニャグニャ。さて、今年はカレンダーも描いた。おなじみ「日本薬師堂」のカレンダーで、江戸時代からタイムスリップした老夫婦が現代の日本を旅するという趣向。ここには表紙だけアップしますが、TISの私のページに続きをアップしてありますので、是非、爺様、婆様と旅をなさってください。ほれほれ!どうじゃ、そこのお若いの、旅は道連れ、ごいっしょなされ。カレンダーを全部見る(click!)

さて、もう年の瀬も押し詰まってまいりました。そういうときにぴったりなのは落語の「芝浜」。主婦の友社「四季をあじわう心が育つおはなし」より。有名な噺なので説明は略。「いや、よしとこう、また夢になるといけねぇ。」…というわけで、はい、本年もありがとうございました!みなさん、よいお年を!