お問い合わせは 03-3324-7949

メールソフト起動

伊野孝行のブログ

先月は「ザ・ガードマン」

「イッツコムマガジン」で連載中の「泉麻人のロケ地探偵」、先月は「ザ・ガードマン」だった。65年に始まって71年に終了したこのドラマを71年生まれの僕が知る由もないが、テーマ曲だけはすぐにでも口ずさめる。「驕るなよ 悪の影 息の根は止めてやる」2番の歌いだしは「美しく隠れても 化けの皮 剥いでやる」だ。何故かというと、僕の大好きな遠藤賢司のアルバム「宇宙防衛軍」にカバーされて収録されていたからだ。このレコードだって80年発売だからリアルタイムで聴いてたわけではなくて、高校生のときにCDで再発されたのを聴いたのだが。今回、何本かドラマを観たがテーマ曲には歌詞がなかった!ちょいと調べたところによると、エンケン(遠藤賢司)も歌詞がないので自分で作ろうかと思ってたところ、昔の「明星」か「平凡」だかの歌本みたいなものを見たら歌詞が載っていたので、いい歌詞だったのでそのまま歌った、ということらしい。

女性を尾行するガードマン達は川津祐介と藤巻潤である。ちなみにガードマンとは文字通りガードマンのことで、ドラマのモデルとなっているのは日本警備保障(現・セコム)らしい。この当時はまだ発展途上の職業だったようだが、ドラマでは完全に警察より活躍している!この事件だって二人の日本を縦断する追跡によって解決をみたのである。ただのガードマンのおじさんなのに…。今回は原画の方も見てもらいたい、という思いがあるので載せちゃう。ちなみに虫眼鏡を持ってシャーロックホームズ風の格好をしている人は泉麻人さん。ま、似てませんけど。