お問い合わせは 03-3324-7949

メールソフト起動

伊野孝行のブログ

最近のスポーツ惜別録

雑誌「ナンバー」で連載中の安部珠樹さんの「スポーツ惜別録」。最近はどんな人が引退したり、お亡くなりになられたりしているのでしょうか?水島新司先生の野球マンガ「あぶさん」が最終回をむかえる。1974年〜2014年。オルフェーヴルの引退。オルフェーヴルは野性味あふれる馬で、ものすごい2着というのを2回やっている。そのひとつが阪神大賞典。youtubeのリンク貼るので見てください。とにかくすごいから。2012年 阪神大賞典 オルフェーヴル激走

安藤美姫の引退。フィギュアスケーターは強度のナルシストでないとできない、ということで。プロボクシングのデビュー戦でTKO負けして急性硬膜下血腫になりその後お亡くなりになった岡田哲慎選手。危険なスポーツだからやらない?いや、それでも青年たちはリングに立ち続けるのだ!自らの激情で遊び、少年らしさを漂わせたストイコビッチの知性。空前絶後の9連覇を成し遂げた川上監督がお亡くなりになった。川上監督の趣味は石集め。おもしろい形の石を集めていた。世界王者になりながら一度も世界タイトルマッチで勝ったことがないケン・ノートン。ヘビー級黄金時代の名傍役。ビートルズでいうとリンゴ・スターのポジションだということで。鬼才の騎手によりそうように走ったフジノウェーブが死んだ。下克上と一攫千金、ダイユウサクは競馬ファンに夢を遺して逝ったのだ。豊田泰光さんが「週刊ベースボール」に連載していた名物子コラム「豊田泰光のオレが許さん!」が終わった。選手もファンも大人であれ、と20年間説きつづけた。石井一久の引退。最後までプロ野球の色に染まらなかった。彼のユーモアある行動にはプロ野球の定型に対する批評が感じられる、ということで、ボケ兼ツッコミにしました。