お問い合わせは 03-3324-7949

メールソフト起動

伊野孝行のブログ

野生時代小説

角川書店「野生時代」に連載中の宇江佐真里さんの時代小説、「通りゃんせ」の挿絵です。「野生時代」は月刊誌だが、「通りゃんせ」は3ヶ月に1度の掲載で、つまり年に4回しか挿絵を描く機会がない。まさに忘れたころにやって来る仕事なのである。現代の青年が江戸時代にタイムスリップして展開していく話なので、いかにもな筆のタッチよりもペンのほうが合うかな、と思ってサインペンで描いてるのだが、サインペンは味が出ないので、難しいっすね。あー、難しい。でも味が出にくい画材をモノにできたら、実力がつくと思う。がんばるしかない。