お問い合わせは 03-3324-7949

メールソフト起動

伊野孝行のブログ

落ち葉の掃き寄せ2015

単発の仕事などを紹介するコーナー、題して「落ち葉の掃き寄せ」。

まずは伊勢丹三越のクリスマスキャンペーンの仕事。今年は50人くらいの内外のイラストレーターを起用して、クリスマスのジェンカをやる!っちゅーことで、幸運にもそのうちの一人に選んでもらいました。日本のイラストレーターは全国にある伊勢丹三越の店舗のキャラクターを描いてます。ぼくは府中の伊勢丹を担当することになりました。府中はけやき並木が有名らしいんで、木の精のキャラクターが本を読んでいて、タッチは版画のようなタッチで、という注文がありました。注文にはなかったのですが、なんとなくクリスマスっぽく、なんとなく冬っぽくしておこうかな、と思って描きました。
↓下記をクリックすると動くクリスマスのジェンカが見れます。楽しいね〜。音楽がいいね〜。
‘LETKIS JENKA’ 2015 ISETAN MITSUKOSHI JENKKA!
この動画を見て、「オレのちょっと地味かなぁ…」と思いました。他のみんなはクリスマスとか冬の感じとか、あまり気にしてないのも、強いところですね。先日、新宿の伊勢丹本店に行ったら、店舗の外壁を絵が取り囲んでいたので、記念に写真を撮ってきました。こうやって並んでみると「キャラの弱さが逆にのんびりしていていいかもしれない」と思い直すことにしました。一応、府中伊勢丹まで足をのばしてそこでも記念撮影してきました。床に貼られてました。はい、お次。
「いきいき脳進化ドリル」というパズルやクイズが載っているムック本の表紙をシリーズで何回かやっていたのですが、その表紙の絵より。この中に、ひとり仲間はずれがいます。さてそれは誰でしょう?あとはこんなのとか。
はい、次。
「日経マネー」でボーナス特集のときに描いた絵。これは夏のボーナスの時に描いたやつです。ボーナスか…一度も就職したことがないからもらったことないなぁ。はい、次。主婦の友社の、大判読み聞かせアンソロジー絵本の第5弾「おばけやようかい」をテーマにした巻に描いた「酒呑童子」と「羅生門の鬼」の絵など。最後は童心社から来年出る予定の紙芝居「ぼうさまがくれたにわとり」の予告の絵。まだ作画作業ははじまっていないけど、とりあえずの予告。おじいさんのキャラ設定やタッチなども変わるかもしれない。今年ももう終わるらしいが、とにかくのんびりいきたいものよ。ごろごろ寝たり、のんびり過ごすのが一番好きだ、わたしゃ。