お問い合わせは 03-3324-7949

メールソフト起動

伊野孝行のブログ

ジビエを食べれば

ジビエ(仏: gibier)とは、狩猟によって、食材として捕獲された野生の鳥獣である。主にフランス料理での用語。(以上ウィキより。)八坂書房より発売された和田一雄先生著「ジビエを食べれば『害獣』は減るのか」のカバーイラストレーションを担当しました。和田先生は京大の霊長類研究所などにおられた方であります。
この本の中で先生はオオカミを日本に放つことも害獣対策のひとつにあげておられるが、そういえば僕も何年か前に、日本にオオカミを入れようという運動に署名したことがある。余談だが、この本、デザイナーのクレジットがないが、聞くところによると八坂書房の社長自らがデザインされたとのこと。学術書にこんな絵をOKしてくれた懐の広さに感謝したい。あとこの絵で推してくれた担当編集者の畠山さんにも。肉の脂身が鹿の形になっています。どうぞよろしく!

毎週火曜に絶対更新の当ブログ、先週の6/18はサボってしまいました。というのはワケがあって梅雨休み(?)ということで海外に行っておったのでした。大の旅行嫌いの僕は放っておくと10年くらいはどこにも出かけないので、誘われて都合のつくときはなるべく行くようにしているのです。今回はウィーンでした。

追記!こんどの日曜6/30にフジテレビで「ザ・ノンフィクション」という番組があります。14:00~14:55です。世間を騒がせた「八百長問題」とは、一体なんだったのか? そこで以前わたしが勝手に描いた蒼国来関の法廷画が使われるようですので、蒼国来裁判に興味がある方ない方ぜひご覧下さい。いや〜インディーズ法廷画家がメジャーデビューするとはな…。

次回、6月30日(日)放送のザ・ノンフィクションは「やってないものは やってない」