お問い合わせは 03-3324-7949

メールソフト起動

伊野孝行のブログ

風刺とチャップリン

人形町ヴィジョンズの展覧会『風刺画ってなに?』無事終わりました。

お越しいただいた皆さまありがとうございます。来てくれなかった人は絶交!と言いましたが、あくまで来てほしい一心で書いた戯言でありましす。そんな心の狭い男ではありません。まーまー狭いけど。

タイトル通り、風刺画という概念を疑ってみる展示でありました。風刺画のど真ん中を期待された方は「これは風刺画と言えるの?」という感想をお持ちになったかもしれません。しかし、概念を疑っているのだから、ど真ん中より周辺に可能性を探ることになるでしょう。会場全体には風刺画へのゆる〜い提案や、風刺画の自由があったと自負しております。また、この展覧会は一人でやるよりも、グループでやったほうがよい企画だとも思いました。サロンに落選した画家たちが開催した「第一回印象派展」はグループ展でなければなりませんでした。運動だからです。運動は一人でやるよりみんなで声をあげたほうが強いのです。グループ展はすべてかくあれかし、です。

さて、通常運転に戻りまして、仕事の自慢話です。
「てんとう虫」というUCカードの会員誌の表紙を描きました。チャップリン特集です。
映画「キッド」のワンシーンのもじりで、子どもの代わりに下にいるのは素顔のチャップリン。画像検索してください。チャップリンはイケメンです。
イケメンというのは顔が整っているから似顔絵がむずかしいです。
この手の描き方は、資料写真を見ながら愚直に描くのみ、なんですが、素顔の方は丁度いい角度の写真がなかったので幾つかの写真を頭の中で合成して描いています。だから余計に似顔絵が微妙…あ、言っちゃった、微妙じゃなくてむずかしい。
素材をコラージュしているような描き方で、ほとんど個性のようなものは出ません。「オレじゃなくってもいいかも」「でもオレに頼まれたんだ」オレ、オレ、オレ…オレに執着しすぎるとみっともないので、この辺で。ではまた!