お問い合わせは 03-3324-7949

メールソフト起動

伊野孝行のブログ

「WINE-WHAT!?」

「WINE-WHAT!?」という雑誌でマッキー牧元さん(雑誌「味の手帖」の編集顧問で主筆)のコーナーに絵をつけています。この連載はワインのエチケットもキャップシールも全部はがして、つまり、何の銘柄かまったくわからないようにして先入観なしにワインを飲むというものです。飲みながらマッキーさんが頭に描いた妄想?が綴られています。これは第1回目の絵。マッキーさんとはお会いしたことはなくて、画像検索で似顔絵を描いているのですが、めちゃ渋いダンディなオヤジのイメージにしようと思って描きました。編集部ではウケてたけど、ご本人はどうなのかビクビク。似顔絵は、第三者が見てキュートな場合でも、描かれた当人にとっては心騒ぐもの。以前とっても似ている似顔絵を描いたのに、小説家のN氏と大物芸能人のO氏には嫌われたこともあります。こちらは第2回。マッキーさんはこのワインは女優の誰々と飲みたい、という妄想が出てくるので、文中にでてきたハル・ベリーという女優さんを登場させました。さらにBGMにキングクリムゾンの「クリムゾンキングの宮殿」をかけていたのでこんな絵に。第3回、マッキーさん今度は葡萄畑で真木よう子と飲む妄想をされていたので、こんな絵に。マッキーさんダンディすぎる、と編集部ではうけていましたが、ご本人もウケてくださるといいのですが…。

こちらは追加でたのまれた田中康夫さんの特別寄稿の挿絵。

ぼくも、お酒はワインも日本酒も焼酎のウィスキーもホッピーも何でも好きで、毎日飲んでいますが、楽しいこともあれば失敗もある。最後に梅宮辰夫の名言をどうぞ。〈飲めば酔うし、酔えばドジも踏むさ。それが酒ってもんじゃないかい?「酒は飲みたし、ドジは踏みたくない」ってのは、どだい無理な話なんだよ。やめちまいなよ。酒なんてのは、ほどほどってのが、いちばん難しいんだ。〉

※おっと、忘れるところだった、発売中の「芸術新潮」の赤瀬川原平さん追悼特集で5ページにわたり、赤瀬川さんと仲間たちの相関図を描いています。監修の松田哲夫さんが「赤瀬川さんにもみせてあげたあった」とおっしゃてくれたのがなによりもうれしいお言葉でした。くわしくはまたいずれ書きますが、ひとまずご報告を。