お問い合わせは 03-3324-7949

メールソフト起動

伊野孝行のブログ

ふたつのタンバリン

12月20日からはじまるTAMBOURIN GALLERY presents FANTASTIC DAYS 2011」に参加します。(25日まで)タンバリンギャラリーはこちら

タンバリンギャラリーにちなんでタンバリンに絵を描くわけだが、タンバリンにちなんで丹波哲郎を描こうと思っていたものの、ふと嫌な予感がしてやめた。…それで僕は最近、山田太一脚本のドラマ「早春スケッチブック」のDVDを借りて来て感動しながら見ていたので、その主演の山崎努を描くことにした。なぜ山崎努が描いてあるのかお客さんには意味がわからないかもしれない。すごく描きたかったから。ただそれだけです。このタンバリンはどうでもいいとしてこのドラマは傑作だから是非見て欲しい。「早春スケッチブック」のワンシーン

DVDを見ながら描いていたら、思いのほか似てしまったが、しかし、ただ似てる、というだけの絵のような気がして来た。ニュアンスがない。単純化してフワリとデフォルマッションを加えた僕の好きな感じではない。…でもこの場合はあまりそういうのもそぐわないかな。もう一個タンバリンがあったので、そっちはニュアンスを大事に描いてみよう。というわけで描いたのがコレです。…なんだこりゃ。胸を触ってるのかしら?描いた本人もよくわからない。山崎努とこの絵の落差。あいかわらずです。売ってるって。いるかな〜、こんなの?

まあ、遊びはこのくらいにしといて来年5月にタンバリンギャララリーで個展やりますので、よろしくおねがいします。