お問い合わせは 03-3324-7949

メールソフト起動

伊野孝行のブログ

惜別録/TIS夜店

運動音痴なので球技は大の苦手なのだが、走るのは得意だった。だから運動会は好き。大嫌いな球技がないし、大得意の短距離が走れたから。ふだんはジッとしているのに運動会のときだけ、急にサササっと走るのでクラスメートは驚く。ガニマタでダッシュする僕を見て、ふだんほとんどしゃべったことのない男子が近づいてきてこう言った。「伊野くん、ゴキブリみたいだね…。」
さて、ナンバーで連載中の安部珠樹さんの「スポーツ惜別録」。引退した選手や亡くなった選手への惜別の情がここにはある。トウカイテイオーが死んだ。「貴公子」と呼ばれたイケメン。馬にイケメンなんてあるのかと思う方は検索してみてください。馬にも髪型があることを発見。散髪してたとか。安部さんはトウカイテイオーを貴種流離譚の源義経にたとえていたのでこんな絵に。中畑の引退…ではなく、ソフトバンクの斉藤和巳投手。いつも絶好調とはいえぬ野球人生だったが子どもの頃のあこがれは、絶好調男の中畑。ちなみに斉藤投手の奥さんはタレントのスザンヌ。バレーの竹下選手、大友選手。コラムは安藤美姫の出産からはじまっていました。出産、育児は女子選手にとって重要な問題。即物的に「ママさんバレー」競馬の柴崎勇調教師。騎手でもあった。「決してトップジョッキーとはいえなかったが渋い腕を持っていた騎手と、クセはたっぷりあるが、力を開花させてくれる騎手を待っていた馬の幸福な結びつきがあった」ということでイヒヒ…と当人同士、お互い背中越しでもわかり合う仲という絵にしてみました。ちなみに「スポーツ惜別録」でいまのところ一番登場回数が多いスポーツは野球でもなくサッカーでもなく競馬。ご存知、高見盛。ぼくが唯一くわしい「相撲」はこれで2回目。前回は大鵬だった。相撲メンコ風にしたかったのでこんな絵。断髪式です。古いプロ野球選手の尾崎行雄さんです。「怪童」と呼ばれ、「記録よりも記憶」タイプの選手でオールドファンに愛されていました。絵は試合の前はカレーを二皿たいらげるというエピソードから。ベッカムの引退。実はこの回は旅行に行ってたため安部さんの原稿を読まずに描いた。なのでこんなエピソードがあるわけないけど…。萩原 宏久トレーナー。ジャイアンツ時代は一軍チーフトレーナーとして在籍、江川卓、桑田真澄、松井秀喜を始めとする選手たちのトレーナーだった。長嶋も信頼し、みんなからも「ハギさん、ハギさん」と親しまれた。まさに指圧の心は母心ならぬ野球の心である。プロレスラー小橋健太の引退。引退して、まるでサイコロみたいな体に着たスーツが似合わない!しかし、それこそ最高のプロレスラーであった証。おつかれさまでした!

ここで告知をひとつ。只今リクルートG8で開催中のTIS「歌舞伎イラストレーション」ですが、来る21日土曜日5:30p.m.-8:40p.m. 「TIS夜店」をやります。入場無料!今年はTISも25周年ということで、パッと盛り上がりましょう〜!ということで出品作家が売子になって1日限定の夜店を開店いたします。レアなグッズや本など、作家本人からご購入いただけます。お気軽にご来場ください。ファン感謝デーということで、たとえば、イラストレーターの直筆うちわが500円で買えたり、南伸坊さんをはじめ委員が制作した「点取り占い」が60種あって一回10円でひけます。安っ!今どき10円で買えるものはここにしかない!小銭をにぎりしめて土曜はG8に遊びに行こう!25周年企画TIS夜店はこちら!